シンガポールのナンヤン・ポリテクニク(Nan Yang Polytechnic)から3名が訪問
2014.10.15

Chan Lee Mun学長(左)と中山 理 学長

10月14日(火)、ナンヤン ポリテクニク(シンガポール)から3名が麗澤大学を訪問され、交流協定を更新する調印、キャンパス見学が行われました。また、留学経験者・留学予定者・ナンヤンポリテクニクからの留学生が一同に集まり、本学との繋がりも一層強くすることができました。

今回訪問されたのはChan Lee Mun 学長とHenry Heng 副学長及びAloysius Tan マネジャーで、経済学部の木谷 宏 教授のお出迎えのもと、堀内 一史教授も合流し、キャンパス見学からスタートしました。この日(10月14日)は台風19号の影響もあって、風が強かったのですが、晴れわたる空気の下、キャンパスをご覧いただきました。

調印の模様

関係者一同で

I-Loungeにて

廣池千九郎記念館にて

中山学長との会食後、ナンヤン ポリテクニクへ留学した在学生と卒業生、今月に出発を控えた学生、またナンヤンからの留学生が集まり、一堂で懇談。留学経験者からはシンガポールでの感想や体験談があり、留学予定者にとってはシンガポールへの事前準備、またシンガポールと日本の異文化交流会となりました。

交流会の様子

最後に記念撮影

ナンヤン ポリテクニクはシンガポールのやや北部に位置し、1992年に設立。学生数は約15,000名で、実践的な教育に特徴があります。世界の多くの大学と提携し、単位の互換も行っています。アットホームな雰囲気で、本学の学生向きのプログラムも用意され、英語で専門(経済・経営)を学ぶことができます。