2014年JAL中国語スピーチコンテストで鈴木さんが3位に輝きました!
2014.12.15

 12月13日(土)、第30回JAL中国語スピーチコンテスト(日本航空株式会社及び日華青少年交流協会主催)が東京都千代田区にて開催!
鈴木愛理さん(中国語専攻3年 越谷南高校出身)が、3位入賞という輝かしい成績をおさめました。

鈴木さんは持ち時間3-4分で「一期一会」をテーマに、一人で台湾旅行に行ったときに出会った地元の方や、日本に居るときに友達になった台湾の大学生と過ごしたときのことを発表。

元々三国志に興味があり、もっと中国の文化や歴史を知りたいという理由で中国語専攻に入学。
中国語の勉強を始めて3年が経ち、自信のない自分を変えたいという想いから、今回のスピーチコンテストへの参加を決意した鈴木さん。事前の書類審査を通過し参加が決まってからは、発表の練習と学校の勉強、アルバイトや現在所属をしている吹奏楽団の練習との両立が非常に大変だったと苦労話もありました。また、人前で話すのが苦手という点を克服するために、先生はもちろん、友人や後輩達に何度も聞いてもらっていたようです。

受賞後、「本番が一番良い発表が出来ました。でも、まだ改善できることがあるということに気づくきました。これからも機会があれば挑戦したいし、人前で話すことにも以前より自信を持つことが出来たので、就職活動等に活かしていきたいです」と笑顔で語ってくれました。今後も鈴木さんの活躍に注目です。

☆IMG_8659加工あり