街に子どもたちの声がこだまする-「光ヶ丘 ちびっこ探偵団」
2014.12.26

s-IMG_8134光ヶ丘地域連携事業として、「第2回 光ヶ丘ちびっこ探偵団」を平成26年11月30日に開催しました。この事業は、学生ボランティアサークルRefreeが企画・運営のもと、光ヶ丘商店会と連携して行う街歩きイベントで、参加者は昨年(第1回)に比べ2倍以上となる130人の子どもたちが集い、当日は盛大に開催しました。

学生たちはこの事業を通して、子どもたちに本当に喜んでもらうために、主体的に地域と社会人と交わり、一生懸命準備してまいりました。地域と関わり、多くの社会人との触れ合いの中で、地域から多くのことを学ぶことができたとの感想が寄せられました。以下は、担当した学生からのレポートをご紹介します。

----------------------------------------------

s-IMG_8092

130人の子供たちが集結!

s-IMG_8087

まずレクリエーションで仲良くなります


今回Refreeに入って、初めてイベントを担当したのがこの「光ヶ丘ちびっこ探偵団」でした。最初は何をしたら良いのか分からず、戸惑いや不安でいっぱいでした。しかし、当日の子供達の楽しそうな顔を見たとき、「絶対成功させるぞ」と心に決めました。そして、自分たちスタッフも楽しまないといけないと思いました。

運営面では反省点も多く、周りのスタッフに助けられたこともありました。今後は当日の流れをしっかり作っておくべきだったと思いました。一つのイベントを作りあげるのに、こんなにも大勢の人が関わることを知り、大変なことだったと実感することができました。

今回のイベントを通じて、より深く光ヶ丘商店街を知ることができたことは、自分自身の成長の第一歩になったと思います。これからも頑張っていきますので、よろしくお願いします。

経済学部経営学科1年 髙尾美嬉

----------

怪盗Xから挑戦状が

とつぜん怪盗Xから挑戦状が!

s-IMG_8100

謎解きに街に繰り出します


当日、まだ会場が開いていないのに、子どもたちがたくさん会場に来てくれていたのを見て、わたしは子どもたちが本当に楽しみにして参加してくれているのだと実感しました。子どもたちの夢を壊さないためにも、探偵イベントを必ず成功させなければいけないと、改めて決意しました。イベントでは大きな問題もなく進み、子どもたちがいろいろな謎を解きながらと商店街の人が楽しそうにふれあっているのを見て、地域交流の形を見ることができました。

今回のイベントを通じて、「光ヶ丘商店会」のことを、少し理解しました。自分自身の成長につなげることができたのではないのかと思います。この経験を生かしてこれからの活動に生かしていきたいと思います。

経済学部経営学科1年 林力斗

----------

s-IMG_8118

光ヶ丘に散りばめられて謎を探します

s-IMG_8114

お店を見つけたら聞き取り調査です


イベントを一つ行うだけでも、どれだけ多くの人の協力が必要なのか、イベントの内容を決めるのにどんなに大変なのか、改めて実感したことです。

当日は、積極性に謎解きをする子ども達に驚きました。一問一問、一生懸命に取り組む姿勢は、私も見習わなければいけないと思いました。

今回の私の役は、事務的な作業が中心だったため、社会人の方々と接する機会が少なかったので、他のイベントの担当になった時にはもっと意見の交換をするなど話す機会を増やしていきたいと思います。

最後に、今回の光ヶ丘ちびっこ探偵団が成功したのはたくさんの方々のご協力があったからです。これからも頑張っていきますのでよろしくお願いします。

経済学部経営学科1年 大塚光稀