2015年度 中国西南部少数民族地域における言語特徴の研究

 本プロジェクトの当初の計画は「中国四川省西部の多言語地帯を対象として,記述の進んでいない少数民族言語の現地調査を行い,対照言語学的手法により言語特徴を明らかにした上で,地域的言語特徴の分布状況および形成過程の解明を目指す」というものであり,現地調査をおこなう予定であった。しかし,事情により現地調査をおこなうことができなくなったため,「ギャロン語ヨチ方言における自動詞と他動詞の対応」および「ダパ語の名詞句の基本構造とその拡張」という2つのテーマについて研究打ち合わせをおこなうにとどまった。


◎井上 優  外国語学部・教授
 白井 聡子 麗澤大学言語研究センター・客員研究員