外国語学部3年生がドイツ語検定準1級に合格
2015.2.12

外国語学部外国語学科ドイツ語・ドイツ文化専攻3年の森美彩樹さんが、公益財団法人ドイツ語学文学振興会が実施したドイツ語技能検定試験で準1級に合格しました。

2年次第2学期から1年間、ハレ=ヴィッテンベルク・マルチン・ルター大学(ドイツ)に留学した森さんは、滞在中、タンデムやスポーツ等に積極的に参加して友人を作り、日本に帰国後もスカイプ等を通じてドイツ人の友人たちと交流を続けているようです。

森さんは、もともと英語が好きで、他の外国語にもチャレンジしたい気持ちがあり、高校時代に友人が持っていた世界史の教科書を見ていたら、偶然にもケルン大聖堂の写真が目に入り、ドイツ語を勉強したい気持ちが湧き出てきたのが、ドイツ語とのご縁の始まりのようです。

本学に入学後、ドイツ語をゼロからスタートした森さんは、みごとドイツ語技能検定試験で準1級に合格。今年度から履修して学び始めた中国語以外にも、フランス語やロシア語にもチャレンジしたいと目を輝かせていました。

来週から「京セラ株式会社」でインターンシップに参加する森さんは、本学卒業後は、ドイツ系の企業や日本に支社がある企業で働きたいと将来の抱負を語ってくれました。 

IMG_2857