英語2専攻主催「第6回翻訳コンテスト」表彰式が行なわれました
2015.6.26

受賞者の皆さんを囲んで

 毎学期の恒例になっている外国語学部英語2専攻主催の翻訳コンテストに、今回も多数の応募があり、専攻教員による厳正な審査を経て、その中から以下の8名の学生が、それぞれ最優秀賞、優秀賞、佳作を受賞しました。

最優秀翻訳賞

深井 勇一さん(英語・英米文化専攻4年)

優秀翻訳賞

松井 優希さん(英語コミュニケーション専攻2年)
西山 侑里さん(英語コミュニケーション専攻1年)

佳作

早川 辰哉さん(英語・英米文化専攻3年)
根本 綾子さん(英語・英米文化専攻3年)
伊藤 美優さん(英語コミュニケーション専攻2年)
春木 健佑さん(英語コミュニケーション専攻2年)
村山 貴大さん(英語コミュニケーション専攻2年)

 最優秀賞の深井さんは、前回に続き見事2連覇を達成。優秀賞の松井さんと西山さんは、それぞれ初挑戦での受賞となりました。

6月25日(木)の昼休みに、専攻教員が一同に会する場で、表彰式が行われ、受賞者たちが喜びの受賞コメントを語ってくれました。

 今回のコンテストは、英語2専攻ニューズレターに寄せられたリチャード・ウォーカー講師の文章“Read For Pleasure: Why You Should Consider Extensive Reading (ER)”の翻訳が課題でしたが、優れた労作が多く、審査にはいつも以上の時間がかかりました。受賞した皆さんも、惜しくも受賞を逃した皆さんも、是非再チャレンジしてください。来学期、第7回目のコンテストにも専攻を越えて多くの皆さんが応募してくれることを期待しています。