【開催報告】平成27年度第1回比文研セミナー「DNAで読む日本人の起源」開催
DSCN8071 
DSCN8073
 

6月26日、平成27年度第1回比文研セミナーを本学生涯教育プラザにて開催しました。
今年度最初となる今回のセミナーでは、「DNAで読む日本人の起源」と題して、篠田謙一氏(独立行政法人国立科学博物館 人類研究部長)が講演されました。

篠田先生は、日本人の起源という問題を、出アフリカ以降の人類拡散の中でアジアに向かった人類がどのようなルートで日本列島に到達したのかを、ミトコンドリアとY染色体のDNA分析から得られた研究成果を駆使してお話しくださいました。特に東アジアの人々と現代日本人のDNA構成の比較分析から見えてきたこと、つまり、日本の社会は、日本列島に渡来した人たちを受け容れ、混乱もなく新たな社会を築いてきた歴史、また、われわれのDNAのほとんどが東アジアの人々と共有されているという事実は、日本社会の未来を考えるうえで踏まえなければならない重要なメッセージを含んでいると結ばれました。 

次回第2回比文研セミナーは、7月16日(木)に木曽功氏(内閣官房参与、比較文明文化研究センター客員教授)を招き、「文化財保護と文明の未来」と題したセミナーを開催予定です。