外国語学部山川ゼミ 石垣島にて研修を実施
2015.11.3

外国語学部の山川和彦教授が担当する専門ゼミ(観光マネジメント論)の3年生全員が石垣島で研修を行いました。

山川1

海LOVEフェスタ(当日は強風の一日)

石垣島には国内はもちろん台湾からの観光客も多く、その実態を理解するために行ったものです。「観光学を学ぶなら現場へ」と山川教授。観光客の視点と観光を学ぶ学生の視点から、ゼミ生は各自の研究課題を携えて石垣へ。スケジュールの大半は学生が主体的に組みあげたもの。エコツアーの西表島、ミシュラン3星を獲得した川平湾を見学し、ローカルフード「オニササ」に初挑戦。海岸掃除のボランティアイベント「海Loveフェスタ」にも参加し、最終日には地元の八重山商工高校商業科観光コースの授業にお邪魔して、学生・生徒の意見交換会を行い、その後は台湾からのクルーズ船見学といったとあわただしい日程でした。ゼミ生たちは、「事前準備を含めグループ作業を行う際に、各自が主体性を持つと同時にメンバーをリードし合うことの難しさ」を実感したそうです。

山川2

由布島の水牛車ツアーに参加し、亜熱帯気候独特の自然を全身で感じる

山川3

八重山商工高校観光コースの3年生との交流会