外国語学部有志が秋田で清掃ボランティアを実施
2015.12.12

IMG_6441トリミング

 8月11日~17日、国際交流・国際協力専攻の有志13名が、秋田県北秋田市に位置する阿仁荒瀬集落で清掃のボランティアを行いました。同地区での活動は、放置家屋・廃屋の撤去作業、除雪ボランティアに続き、3度目になります。
今回のボランティアに参加した、国際交流・国際協力専攻1年の赤木智明さんからの活動レポートが届いています。

☆★☆★☆

IMG_5438

清掃作業の様子

今回の荒瀬での活動の内容は、「元屋敷」と呼ばれる荒瀬集落の公園のようなエリア全体の清掃活動でした。
今回は、私を含めた1年生5名が初参加させていただきました。参加する前は、集落という1つの完成したコミュニティーによそ者である私達学生が容易く入って良いのだろうか」「学生の私達に出来ることは果たしてあるのだろうか」など、様々な疑問が自分の中で渦巻いていました。
しかし、荒瀬の方々は私達のことを温かく歓迎してくださり、その不安は一瞬にして払拭されました。伝統的な獅子踊りに参加させていただいたときには、経験者の方からとても親切に教えていただき、地元の方々とも多くの交流の機会を持つことができました。荒瀬という自然にあふれる環境に身を置くことで、自分の小ささや新しいことにも正面から立ち向かっていける強さを発見できました。

IMG_7976

地元の伝統芸能「獅子踊り」

IMG_7977

メンバーも参加させていただきました!

そして今夏の活動を通して新しい団体「AKITANISTA」が発足しました。「AKITANISTA」というグループ名の由来は、秋田とスペイン語の接尾辞”-ista(従事者)”から組み合わせられ、「秋田での活動に対して各メンバーがプロ意識持って取り組むグループ」を意味します。
また、11月25日には私達の活動を知ってもらうために、学内で今夏の活動報告会をさせていただきました。興味を持って見に来てくださった方も多く、私達の活動内容を知ってもらえて嬉しかったです。

IMG_5468