【開催報告】ワークショップ「自分色発見!」を開催
2015.12.16

カラー②

学生相談センター主催ワークショップ「自分色発見!~パーソナルカラーで第一印象をよりよいものに~」が、平成27年11月25日(水)に開催され、学生10名が参加しました。

講師をお願いした大貫いつき先生(カラリスト)は、カラリスト養成スクールや企業の社員研修等で教えていらっしゃる方です。最近は様々な大学にも呼ばれて人気を博しておられます。本学でも昨年度のワークショップ(「自分色発見!~パーソナルカラーで自分らしさを表現しよう」)にお越しいただき、大好評だったため、二年続けていらしていただきました。

実際の自分と自分の思う自分との間にはたいていズレがあります。そのほとんどがより低い方へと自分を評価しています。学生相談センターは、すべての学生に自分の魅力に気づいてほしい、そして自分が十分価値のある存在でもっと素敵になれる人だと信じてほしい、と願っています。その思いと、先生の「自分の持つ色(肌・髪・瞳など)を知ることは自分の魅力を自分自身で確認すること」という信念とが出会って、開催の運びとなりました。

カラー①

最初に、大貫先生より、色はメッセージであること、第一印象では視覚情報が重要であること、似合う色がどれだけその人を輝かせてくれるかなどを、教えていただきました。その後、学生同士でそれぞれの髪や瞳、肌や頬の色をチェックしていきました。今回は参加者が少数であったため、何人かの学生には先生がケープを当ててチェックしていただけるチャンスもありました。その結果を元に、自分がパーソナルカラーの4シーズンのうち、どのタイプに当たるかと、タイプ別の似合う服や化粧品、アクセサリーなどを紹介していただきました。最後にカラーチャートの撮影をさせていただき、今後のコーディネートに役立てる貴重な資料とすることができました。

カラー④

参加者からは、「自分で似合っていると思っていた色が、実際は違っていたことを知って驚きました」、「今まで自分の似合う色について深く考えたことがなかったけれど、いざというときには自分に合う色を身につけようと思いました」、「色が持つ不思議な力を肌で感じ取れた時間で、非常に楽しく受講しました、参加することができて良かった」、などの感想が述べられました。

カラー③

スタッフにとっては、合った色のケープを当てられた学生の顔がぱっと明るくなる瞬間の喜びや、学生の肌の光沢や瞳の輝きを目のあたりにさせていただき、どの学生も美しく尊い存在で、大切にしていかなくては、と実感した時間でした。