2016年度 アジアビジネス戦略研究

 日本を取り巻く国際環境の変化を分析し、ビジネスに生かすために何が必要か、企業経営戦略の観点から論点を整理するため、各方面の専門家達と経営関係者を東京研究センターに招き研究会を開催し、問題の理解を共有化する。

特に、外交、軍事、内外政局、女性登用、選択肢の狭まった経済政策、東南アジア、南アジア、ロシア極東と中国東北地方開発、エネルギー、サプライチェーンの安定等多様な切り口から議論が可能になるように関係者を招集し、麗澤大関係者、卒業生、モラロジー系企業、学園卒業生受け入れ先など学園ステークホールダーの要請に応じることも考慮する。

また、中国の急速な成長減速にともなうアジアビジネスのリスクを見るためにモデルとして南アジアに注目し、国の規模から理解しやすいスリランカに着目し、今後の展開を試みる。さらに、日本企業の展開を考える上で不可欠になって来た Internet of Things の動向にも焦点を当てる。

 

◎真殿 達   経済学部・特任教授
 成相 修   経済学部・教授
 中川 敏彰  経済学部・特任教授
 長谷川 善仁 学務部キャリア支援グループ課長
 石光 俊明  学務部キャリア支援グループ課長補佐

[協]岡田 恭彦  麗澤会会長
[協]今西 光男  株式会社メディアウォッチ代表取締役
[協]本村 真澄  石油天然ガス金属鉱物開発機構審議役
[協]佐々木 伸雄 東京大学名誉教授