【開催報告】恒例の情報系ゼミ合同研究発表会を開催
2016.2.19

1月30日(土)に情報系ゼミの卒論発表会が開催され、学内外の参加者にも広く公開されました。この発表会は2001年から始まったもので、今回が通算で第14回目の伝統あるイベントです。情報システムや情報ネットワークを用いた研究を中心に,関連分野に取り組む学生が研究成果を発表しています。今年は「ゼミ卒業論文合同発表会」と題し,他のゼミの卒論発表会と日程・会場を揃えることになり,これまでのプラザホール(生涯教育プラザ棟)から校舎「あすなろ」5階に会場を移しての開催となりました。

情報1

今年度は4年生の発表が9件、3年生の発表が3件の合計12件で、いずれも充実した内容で,会場からの積極的な質問や発言もあり,会場は大いに盛り上がっていました。発表論文集に論文を投稿し,大勢の前で発表をやり遂げた学生の充実感はもちろんですが,聴講した3年生からも「自分のテーマをさっそく考えたくなった。よい卒論が書けるよう頑張りたい」「プレゼンの仕方が大切であることを身にしみて感じた」などの声が聞かれ,参加者にはそれぞれ大いに収穫があったようです。発表会では数年前から3年生の発表も受けつけていますが,卒論の準備として有益なことはもちろん、就職活動にあたって自分の取り組みをアピールできることもあり、今後も積極的な参加を期待したいところです。

情報2

情報3












情報系ゼミの卒論発表会には毎年多くのOB・OGの皆さんが応援に駆けつけてくれます。今年も懐かしい顔が何人もあり,在学生には何よりの励みになりました。加えて今年の発表会で注目すべきは,イベントが事前に広く広報されたおかげでこれから大学をめざす高校生の皆さんや高校の先生の参加があったことで,発表者には分かりやすい発表をめざすうえで大いに発憤材料となっていたようです。

情報4

全体で記念撮影

発表プログラム 
発表論文集 
配布資料 
過去の発表会の様子はこちらからご覧いただけます。