入学式の歓迎イベントを在学生がプロデュース
2016.4.8

入学式20

4月2日(土)に挙行された入学式で、「入学式・卒業式プロジェクト」の学生メンバーが新入生に向けて大学生活等を紹介するイベントを実施しました。「入学式・卒業式プロジェクト」とは、学生と教職員の協働プロジェクトであり、入学式と卒業式を全学的に盛り上げ、歓迎やお祝いのムードを創出するために設置されたプロジェクトです。プロジェクトのメンバーは、入学式と卒業式のチームに分かれ、半年余りの時間をかけて企画を練り上げてきました。

今年度の入学式では、各課外活動団体の活動風景等を紹介する動画を編集して上映したり、新入生の学生生活を劇仕立てで紹介しました。劇では学生生活には欠かせない施設や、他の学生との交流等を面白かつ丁寧に伝え、また「アカペラサークル~音もだち~」や「着物お作法の会」、「英語劇グループ」が実演を交えながら活動内容を説明しました。

入学式21

イベント以外にも、新入生の皆さんの緊張感を少しでも和らげることができるよう、式典会場内では笑顔で案内や誘導を実施し、麗澤大学で過ごす4年間の目的や目標を確認する意味で、「4年後の自分」に対する手紙を書いていただく企画等も実施しました。

先輩から受けた恩を後輩に還元していく。麗澤大学では、このような光景が日常的に繰り返されています。学生メンバーは、新入生として初めてこのキャンバスに足を踏み入れた頃を思い出しながら、限られた時間の中で動画作成や劇の練習を積み重ねてきました。麗大生として、学生生活を新たに迎える新入生の皆さんの緊張感を和らげ、ソワソワ感をワクワク感へと変換し、期待や希望を持って楽しい学生生活を送っていくイメージを、少しでも形成するお手伝いができたのであれば幸いですが、如何でしたでしょうか。