英語劇グループ公演のお知らせ
2016.6.25

 

アラジン

 

麗澤大学の数ある課外活動団体の中でも歴史と伝統を誇る英語劇グループ。            
新入生を迎え、ますます勢いを増した同グループが、以下の通り公演を行います。
皆様お誘い合わせの上、ぜひご観劇ください!

 

 

『Aladdin』

【日程】7月2日(土) 開場:16:30 開演:17:00
【場所】SMALL THEATRE(学生食堂ひいらぎ近く)

英語劇グループからのメッセージ

13人の新入部員を迎えた英語劇グループの今回の公演は『Aladdin』です。
皆様も知っているお話ですが、私達この作品にたくさんのオリジナル要素を盛り込んで上演致します。
出てくるのは皆現代を生きるキャラクター達です。
そして今回は、演出、セット、衣装全てにおいて今まで以上に力を入れています。
メインパートはほぼ1年生のみで演じ、アラビアンダンスも踊ります。
見に来ていただいた方に必ず楽しい時間を提供いたします。部員一同、皆様のお越しをお待ちしております。

【あらすじ】
ある日、洗濯屋の息子アラジンのものに、魔法使いホクン・ポクンが悪だくみをする為に現れる。
「自分の代わりにランプを取って来てくれないか」という頼みごとを引き受けたアラジンだったが、
ホクン・ポクンに騙され、洞窟の中に閉じ込められてしまう。
アラジンは洞窟の中で指輪を見つめ、指にはめて神に祈りを捧げる。
その時指輪が擦れたのをきっかけに、指輪のジーニーが現れる。
洞窟から抜け出したいという願いをジーニーに叶えてもらい、アラジンはランプも持ち出し帰宅する。
持ち帰ったランプを見たアラジンの母ウィドウは、ランプを売り生活費の足しにしようと言う。
アラジンの妹ピタパットは、薄汚れた古いランプを売ってもお金にならないと答える。
そこでウィドウが少しでもランプの価値を上げよう、とランプを磨くと、ランプにジーニーが現れる。
ランプのジーニーは、アラジンに願いを求め、アラジンは洞窟の中からたくさんの宝石を持ってくるように命じる。

それから数年後・・・・
一家は大金持ちになっていた!
ある日家族で王家のプロセッションを見に行き、王女ハリマの姿を見てアラジンは恋に落ちる。
これからの展開はどうなるのでしょうか?お楽しみに!