【新聞掲載】インド国立タゴール国際大学とシンポジウムを共同開催
2016.8.23

 インド国立タゴール国際大学(正式名称:ヴィシュヴァ・バラティ大学=Visva-Bharati University、以下、タゴール国際大学)と麗澤大学の大学間協定締結後、第一回目の学術交流として中山学長、竹内教授(経済学部)、犬飼教授(外国語学部、国際交流センター長)が同大学を訪問します。

 8月26日(金)、27日(土)には、タゴール国際大学と共催で、1916年のタゴール国際大学創立者ラビンドラナート・タゴール初訪日100周年および麗澤大学創立者廣池千九郎生誕150年を記念したシンポジウムが予定されており、インド東部の新聞『The Telegraph』(2016年8月22日) に掲載されました。記事では、本学創立者廣池千九郎がモラロジーを創建したことについても紹介されており、関心の高さが伺えます。(記事のWeb版はこちら)IMG_0766-1024x676

詳細については学長室Websiteよりご覧ください。

[学長室Website]-------------------------------------------------------------------------------------------------
中山理学長に関するトピックスや海外の高等教育機関とのアカデミックコラボレーションについて発信しています。
「学長スモールトーク」(学長ブログ)もぜひご覧ください。------------------------------------------------------------------------------------------------------------------