台風10号による大雨等の影響で被災された受験生家庭に対する緊急災害特別措置を実施
2016.9.12

台風10号による記録的な大雨等で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

 麗澤大学では災害救助法の適用を受けた地域の受験生が通学可能な範囲の高校を広く対象とし、 北海道61校、 岩手県79校の計140校の高等学校関係者に向けて、 本学へ平成29年度入学を希望する受験生を対象に災害特別措置についての文書をお送りいたしました。 具体的な措置は以下のとおりです。

 
【対象者】
 次のいずれかに該当する者で、 経済的に修学困難となった者

 1.家計支持者が居住する家屋が全半壊や流出等の損壊、 又は浸水等の被害を受けた場合
 2.家計支持者が死亡もしくは行方不明、 又は長期療養中や重度な障害を負った場合
 3.家計支持者が失業するなどで著しい家計急変があり、 学費納入が困難である場合
 4.前各号に準ずる状況で、 経済的に修学困難であると認められる場合

 
【受験生に対する特別措置】

1.出願手続きについて

    1. 入学検定料を免除します
    2. 調査書など必要書類に関しては、 被災のため提出できない場合は事後提出を認めます

2.受験時の宿泊について
  受験日前日に、 受験者用に学内の宿泊施設を無料提供します
  ただし、 希望者は本学入試担当まで電話連絡等にて事前に申し出てください

3.本学に入学する者については、 入学金(260,000円)、 入学年度第1学期授業料 (415,000円)免除します

4.学生寮への入寮希望がある場合は、 対象者を優先します。 また、 寮費についても入学年度第1学期分を免除します

※特別措置の適用は審査により決定し、 審査には申請書および「罹災証明書」等の提出が必要です。

 
麗澤大学では今回の災害で、 受験を控えた高校生がその学ぶ機会を損なわれないよう、 精一杯応援したいと考えております。 加え、 被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げております。


 【麗澤大学について】
麗澤大学は昭和10年、 創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。 心豊かな人間性を養い、 国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、 今では大学・高校・中学・幼稚園が開設されています。 また留学生の受け入れも積極的に行われており、 キャンパスには世界約20の国・地域から留学生が集まり、 さまざまな言語が飛び交っています。 平成28年は廣池千九郎 生誕150年の節目の年となり、 様々な記念事業が予定されております。

 

当リリースの詳細はこちらより御覧ください


【本件に関するお問合せ先】
麗澤大学 入試広報グループ 担当:田中(たなか)
〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3030 FAX:04-7173-3585
Email:pr@reitaku-u.ac.jp URL: http://www.reitaku-u.ac.jp/