麗澤へようこそ!(秋入学式・記念会食を開催)
2016.9.16

 9月13日(火)、平成28年度 別科日本語研修課程秋学期入学式及び特別聴講生開講式が行われました。

この秋に入学した留学生は大学院6名、提携校からの特別聴講生36名、別科日本語研修課程18名、合計60名です。出身は16の国・地域におよび、まさに国際色豊かでグローバルな場となりました。

入学式・開講式において最初に中山 理 学長から告辞があり、「別科日本語研修課程は今年40周年を迎え、教育熱心で優秀な先生方が揃っています(記念シンポジウムの詳細はこちら)。本学の日本語教育は歴史と伝統があり、専門性を高める学部、大学院のプログラムがあるので、安心して勉強してください」と激励されました。

続いて、正宗鈴香 別科長(日本語教育センター長)より「言葉は皆さんと他の人を結びつける大切なものです。言葉の力がついてくると、そのつながりが確かで質の良いものになってきます。一緒に素晴らしい時間をつくっていきましょう。楽しみにしています」と挨拶されました。

中山 理 学長

中山 理 学長

正宗鈴香 別科長(日本語教育センター長)

正宗鈴香 別科長(日本語教育センター長)

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、別科新入生代表からの宣誓、特別聴講生代表と大学院研究生代表から挨拶があり、別科在学生代表の歓迎の挨拶がなされ、式は滞りなく終了しました。

別科在学生代表

別科新入生宣誓

特別聴講生の挨拶

大学院研究生の挨拶

 

 

 

 

 

続いて、記念パーティがReitaku Student Plaza“はなみずき”にて 開催され、おいしい料理を囲みながら、和やかなパーティとなりました。パーティでは、在学生を代表して、麗澤国際交流親睦会(RIFA)が盆踊り(炭坑節)を披露して歓迎。多くの留学生が踊りの輪に入り、大いに盛り上がりました。この日参加した留学生からは「こんな盛大にパーティを開いてくださって、ありがとうございます。よろしくお願いします」と話し、“麗澤ファミリー”の一員になった喜びを表現してくれました。

お茶会を体験

多文化交流の場

盆踊りもしました

麗澤国際交流親睦会(RIFA)の皆さん