青年海外協力隊 in El Salvador 通信 vol.2

2011年3月外国語学部ドイツ語学科(現在のドイツ語・ドイツ文化専攻)を卒業した渡邉真希さんは、現在、青年海外協力隊のコミュニティ開発という職種で、中米のエルサルバドルという国で暮らしています。

渡邉さんは、幼少期をタイで過ごし、学生時代はドイツ・ワイマールのバウハウス大学とトリーア大学に留学しました。卒業後は営業職として約3年半保険代理店 に勤務。留学中にドイツ国際平和村を訪ねたことがきっかけとなり、国際協力活動に興味を持ち、情報収集を続け、2015年3月より青年海外協力隊のコミュ ニティ開発という職種で、中米のエルサルバドルに赴任しました。

渡邉真希さん

渡邉真希さん

渡邉さんのエルサルバトルでの活動内容、感じたこと、目の当たりにした様々な経験を“生の声”として皆さんにお伝えします。「青年海外協力隊 in El Salvador 通信Vo.1」では渡邉さんがどんな活動をしているのかをレポートでとどけていただきました。今回の「青年海外協力隊 in El Salvador 通信 vol.2」では、青年海外協力隊に興味のある本学の学生から渡邉さんへ質問がたくさんあがってきましたので、その中から一部の質問に答えていただき、レポートにまとめてもらいました!実際に青年海外協力隊として働く先輩からアドバイスも含め、生の声を現地から届けてもらえることは非常に貴重なことだと思います。是非こちらからご覧下さい!!