「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」学生派遣及びスーパーグローバルハイスクール(SGH)との教育連携
2016.9.16

◆    「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」学生派遣 ◆
この度、 麗澤大学外国語学部国際交流・国際協力専攻2年生の櫻井 翔太(さくらい しょうた)さんが、 「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の派遣留学生に選ばれました。
「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」は2014年からスタートした官民協働で取り組む海外留学支援制度で、 2020年までの7年間で約1万人の高校生、 大学生が留学生として派遣される予定です。
櫻井 翔太(さくらい しょうた)さんは、 1,805名の応募者の中から約4倍の競争をくぐり抜け、 「新興国コース」の留学生として、 今月からフィリピンとインドネシアに1年間留学します。
留学中は自身で作成した留学計画に基づき、 実際に現地での活動に参加しながら、 東南アジアの防災や、 災害と関連するダークツーリズム(※)について学びます。

(※)人類にとっての悲劇や過ちの痕跡を観光資源として活用するツーリズム。 国内では、 例えば広島の原爆ドームや東日本大震災の震災遺構の見学ツアーがこれに該当する。

◆    スーパーグローバルハイスクール(SGH)との教育連携 ◆
麗澤大学は、 昨年度より「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」に指定された千葉県立成田国際高等学校と連携し、 「課題探求型学習」を中心としたSGH事業をサポートしています。
教育連携の内容は以下のとおりです。

1.     講師派遣
「観光」・「教育」・「環境」の3研究領域について、 探究学習を進めている成田国際高等学校の1・2年生を対象に、 分野別に3名の講師を派遣し、 生徒の研究活動が深まるよう、 アドバイス・指導しています。

講師派遣日程
 9月14日(水) 10:55~12:45 (2年生対象)
10月12日(水) 14:25~16:15 (2年生対象)
12月14日(水) 14:25~16:15 (1年生対象)

2.     留学生との交流
成田国際高等学校より1年生40名の生徒受け入れを実施し、 麗澤大学のムスリム系留学生とグループディスカッション等の交流を行ないます。 学生寮の見学やキャンパスツアー実施も予定しています。

実施日程: 9月21日(水) 14:30~16:00

 
【麗澤大学について】
麗澤大学は昭和10年、 創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。 心豊かな人間性を養い、 国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、 今では大学・高校・中学・幼稚園が開設されています。 また留学生の受け入れも積極的に行われており、 キャンパスには世界約20の国・地域から留学生が集まり、 さまざまな言語が飛び交っています。 平成28年は廣池千九郎 生誕150年の節目の年となり、 様々な記念事業が予定されております。

当リリースの詳細はこちらより御覧ください

【本件に関するお問合せ先】
麗澤大学 入試広報グループ 担当:田中(たなか)
〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3030 FAX:04-7173-3585
Email:pr@reitaku-u.ac.jp  URL: http://www.reitaku-u.ac.jp/