【開催報告】中国社会科学院研究員をお招きして公開研究会を開催

 平成28年11月9日17:00~19:00、麗澤大学生涯教育プラザのプラザホールにおいて、麗澤大学経済社会総合研究センター・日本金融学会歴史部会共催による公開研究会が開催されました。
 研究会は、本学経済学部佐藤政則教授のユーモアに満ちた挨拶と発表者紹介から始まり、終始温かい雰囲気に包まれました。中国社会科学院経済研究所趙学軍研究員(教授)・中国現代経済史研究センター長が「信用担保の視角から見た農家の資金調達難問題」、同研究所隋福民研究員が「無錫・保定農村調査:歴史、資料およびデータ」をタイトルに研究発表を行いました。発表後には東京大学大学院経済学研究科小島庸平講師から70年にわたる4回の大規模な調査について、野村総合研究所李立栄主任研究員から信用保証についてなど、多くのご質問を頂き、活発な議論の中で研究会が終了しました。
 尚、中国社会科学院経済研究所からは、発表者の他に徐衛国研究員、曲韵副研究員(准教授)、樊果副研究員が来学し、廣池千九郎記念館を見学されました。廣池千九郎博士の研究の紹介を受け、本学と研究提携をしたいとのご感想を頂きました。(陳玉雄)

054

066