中山理学長が日本を代表し「2016 ジャパン ベトナム フェスティバル イン ホーチミン 日越教育セミナー」で講演
2016.11.17

 麗澤大学(千葉県柏市)学長 中山理が11月18日(金)に、 第4回目を迎えるベトナム最大のジャパンフェス「2016 ジャパン ベトナム フェスティバル イン ホーチミン」(主催:JAPAN VIETNAM FESTIVAL実行委員会 委員長:武部勤、 総合プロデュース:東亜総研)の日越教育セミナーにおいて、 日本代表として「教育分野での日越コラボレーションで両国の未来を拓く」と題して基調講演を行います。
 麗澤大学はこれまで、 ベトナム国家大学ホーチミン市校人文社会科学大学と共同で、 ベトナム人学生が日本語や日本文化を学ぶ為の副読本「日本:多様な文化が融合する国」の刊行やベトナムにおいて「ベトナムと日本文化:融合および発展」(国際会議)に参加したり、 「日本語教師養成セミナー」を同大学で開催するなど、 教育交流を重ねてきました。

日越教育セミナーの概要は以下の通り。

 ■日越教育セミナー概要
【日 時】11月18日(土) 13:00~15:00 (ベトナム現地時間)
【会 場】GEMセンター (ベトナム ホーチミン市内)
【共 催】毎日新聞社、 トイチェ新聞社
【プログラム】
・13:00~13:05 ベトナム国家大学ホーチミン市校人文社会科学大学学生によるパフォーマンス
・13:05~13:10 挨拶とゲスト紹介、 セミナーの概要紹介
・13:10~13:15 ショートムービー上映
・13:15~13:20 開会挨拶 武部 勤(JAPAN VIETNAM FESTIVAL実行委員会委員長)
・13:20~13:30 講演 ヴー・ティン・チュアン(ベトナム教育訓練省中等教育局・局長)
・13:30~14:45 講演 中山理(麗澤大学・学長)
・14:15~14:55 パネルディスカッション
           トピック「日越両国の教育関係者の交流と相互理解について」
               「ベトナムにおける中等教育の教育方針」など
                             登壇者
                                 ファム・クアン・ミン ベトナム国家大学ホーチミン市校人文社会科学大学・副学長
                                 ヴー・ティン・チュアン ベトナム教育訓練省中等教育局・局長
                                 グエン・ティ・タイン・ミン ベトナム教育訓練省国際教育開発局・副局長
                                 近藤美津枝 甲南女子学園・理事
                                 中山理 麗澤大学・学長
・14:55~15:00 閉会挨拶

 
【麗澤大学について】
麗澤大学は昭和10年、 創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。 心豊かな人間性を養い、 国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、 今では大学・高校・中学・幼稚園を開設しています。 また留学生の受け入れも積極的に行っており、 キャンパスには世界約20の国・地域から留学生が集まり、 さまざまな言語が飛び交っています。 平成28年は廣池千九郎 生誕150年の節目の年となり、 様々な記念事業を開催しています。
廣池千九郎生誕150年 Webサイト  

【ベトナム国家大学ホーチミン市校人文社会科学大学との交流について】
副読本「日本:多様な文化が融合する国」 
「日本語教師養成セミナー」
人文社会学科大学道徳研究センター

当リリースの詳細はこちらよりご覧ください。

【本件に関するお問合せ先】
麗澤大学 入試広報グループ 担当:田中(たなか)
〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3030 FAX:04-7173-3585
Email:pr@reitaku-u.ac.jp  URL: http://www.reitaku-u.ac.jp/