国際交流もちつき大会を開催
2016.12.6

 

12月2日(金)、恒例となったRIFA(麗澤国際交流親睦会)主催による「国際交流もちつき大会」が開催され、学生・教職員など多くの方々が一足早い“お正月”を味わいました。この日は時折強い風が吹く中で開催されましたが、キャンパス中庭は大賑わいで、皆で手作りのおもちに舌鼓を打ちました。

 

 

このイベントは、日本の伝統文化である「もちつき」を留学生に体験してもらおうと平成5年から始まったもので、23回を数えました。今回用意した50キロのもち米は、多くの笑顔に変わり、あっという間になくなりました。日本の家庭でもなかなか見られなくなった風景に最初は戸惑っていた留学生も杵を握りしめて大満足の様子でした。

あんこ、きなこ、ピーナッツ、磯辺巻きを用意

一生懸命に準備!

おいしい!

つきたてのおもち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準備の段階からたくさんの方のご協力をいただき、盛況のうちに、無事終了することができましたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。