外国語学部客員教授 鈴木小百合先生による特別講義
2016.12.6

_N1A1349

12/5(月)外国語学部日影ゼミ・渡邉ゼミ合同で毎学期恒例となっている、鈴木小百合先生(外国語学部客員教授)の特別講義が行われた。

_N1A1371

 今回のテーマは、「通訳の仕事について」。最近のお仕事として、10/25(火)~11/3(木・祝)まで行われていた東京映画祭2016に来日していたハリウッドスターの通訳や、シドニーでの映画のプロモーションツアーでの通訳体験を中心にお話していただきました。一見華やかに見える“通訳”のお仕事の中で、アメリカ英語やイギリス英語だけでなく、ノンネイティブの方が話す訛りのある英語を聞き分ける大変さや、相手の顔が見えない電話通訳の難しさなどをお話しいただき、英語を学んでいる学生達に対して、英語は紙で読むだけでなく、耳で聞くことが重要だというアドバイスがなされました。
 今後は、『ローグ・ワン』のギャレス・エドワーズ監督や、『メルー』のジミー・チン監督の通訳も担当予定です。今回もゼミ生だけでなく、関心を持った大勢の学生が参加。体験談を交えた鈴木先生の興味深い話を熱心に聴講していました。

_N1A1588

受講生と集合写真