釜山外国語大学校から訪日団一行が来学
2017.4.20

 

4月18日(火)、本学の提携校である韓国・釜山外国語大学校より理事長・総長一行(6名)が本学を表敬訪問されました。

今回の訪問では、日本企業や大学視察を目的としており、施設設備や学生たちの学習環境を見学されました。学内見学の際には、勉強に集中できる環境に加え、韓国人学生と日本人学生の距離の近さにとても感心されていました。また、釜山外国語大学校から留学している学生と釜山外国語大学校で留学経験した日本人学生とも面会を行い、久しぶりの再会に学生たちは大変喜んでいました。

   

 

懇談後には、中山理 学長主催の夕食会が和やかな雰囲気のなか開催されました。渡邊信 外国語学部長、犬飼孝夫 国際交流センター長も出席し、今後の更なる発展に向けた活発な議論が交わされました。

 

                                    
釜山外国語大学校とは2011年の提携開始以来、活発な交流が続いており、最近では学生たちの間では英語と韓国語を同時に学ぶ「英韓プログラム」の人気が高まっています。これまで20名の麗大生が釜山外国語大学校へ留学しており、現在は6名が釜山で学んでいます。一方、釜山外国語大学校からの留学生受け入れにおいても33名まで達し、現在は11名の学生が来日しています。

今後も両校の関係がますます発展していくことが期待されます。