CECオープニングセレモニー開催
2017.4.21

4月20日(木)、大学校舎あすなろ2階にてCECオープニングセレモニーが催されました。麗澤大学では学修支援環境の発展を目的として「Center for English Communication(通称:CEC)」を新たに開設いたしました。CECでは6名のネイティブ専任教員が常駐しており、授業以外でも学生の語学学修を全面サポートします。また、iLoungeとのコラボレーションによる定期的なワークショップやイベントを随時開催していきます。

 

 

 

中山 理 学長

渡邊 信 外国語学部長

CECコーディネーター・ストラック准教授

 

今回のオープニングセレモニーでは、中山 理 学長、渡邊 信 外国語学部長による開式の挨拶が行われた後、CECコーディネーター・ストラック准教授よりCECメンバーが紹介されました。その後、CECメンバーと参加した100名近くの学生とのグループトークが始まると、至るところから英語が飛び交い、学生達の熱気でさらにセレモニーは盛り上がります。学生達からは「今後のワークショップには必ず参加したい!」と早くもCECに魅了された様子でした。今後も麗澤大学における語学学修が活性化されることが期待されます。

      

      

      

また、2017年4月より新たな学びを生み出す柔軟な施設として、研究室A棟をリニューアルし、「Reitaku Active Learning Support Commons(通称:ALSC)」に生まれ変わりました。1階にはアクティブラーニング教室を設置し、個人学習からグループワークまで幅広く柔軟に活用できます。また、学修支援センターによるフォローアップセミナーも行われ、学生達の学修意欲をサポートしていきます。