「近畿日本ツーリスト首都圏営業本部キックオフミーティング」で中山学長が特別講演
2017.4.26

平成29年4月22日(土)、本学の中山学長が「近畿日本ツーリスト首都圏営業本部キックオフミーティング」で「仕事を楽しみ、人生を楽しむ」と題した特別講演を行いました。

昨年度開催された「2016 ジャパン ベトナム フェスティバル in ホーチミン」における教育セミナー(主催:毎日新聞社、近畿日本ツーリスト)での講演に、近畿日本ツーリスト様から中山学長に依頼があったことがきっかけとなり、今回この特別講演が行われることになりました。

特別講演では、大きく3つのテーマに基づき話をしました。まずは「人生のチャンスは人との出会いから生まれる!」。この講演が決まったのも人の縁であり、仕事をする上で人の縁が何よりも大切。続いて「柔らかな脳の構造をつくると、どんな事でもハッピーになる!」というテーマで自身の経験を踏まえながら、組織行動学者のデービッド・コルブが提唱した「経験学習モデル」に基づき、知識と実体験を仕事でどう一体化するかを紹介。最後に「意味への意志があれば、人生は楽しい!」について、「お金がほしい」「いい学校に行きたい」などのいわゆる刹那的快楽ではなく、一切の行為の包括的な最終目的である「品性の完成」という視点を持つことが重要であると強調。現在日本では少子高齢化が問題となっているが、グローバルな視点から見れば国際観光旅行者数は16億もいるのでチャンスとなる。常に広い視野で意味を見出してほしいとし、講演を締めくくりました。

フロアーからの質疑応答では、本学卒業生で同社に就職した黒木さんから質問があり、会場も大いに盛り上がりました。
(黒木さんのインタビュー記事が掲載されているRetitaku Journalはこちら