学生相談センター主催「みんなでシャボン玉!」を開催しました。
2017.5.19

   2017年5月16日(火)昼休みに学内広場にて、「みんなでシャボン玉!」を開催しました。これは、学生相談センターが、①実体験によって達成感を得ること、②学生間に交流を促すこと、③センターを知ってもらうこと、を目的として開催するイベントの一つです。学生42名、教職員3名が参加。太陽の下で一緒にシャボン玉を作りました。

  事前に知っていて訪れる学生もいましたが、通りがかりに立ち寄る学生がほとんどでした。躊躇なく輪に加わる学生、声をかけられて遠慮がちに道具を手に取る学生、友人の写真を撮ったり遠めに眺めたりするにとどめる学生、様々な参加のかたちがありました。参加した学生には、自分が動けば何かが生まれるという手応えを得たり、大きなシャボン玉が作れたことを誉めあう交流が生まれたり、おずおずとした表情から朗らかな笑顔へと変化したりするなど、いろいろな様子が見られ、開催の意義を感じました。

  学生からも教職員からも、「久しぶり」「楽しい」という声が挙がっていました。童心に返ってシャボン玉を作るという体験により、子どもの頃の親とのかかわりやのびやかな自分を思い出す人もいたのではないでしょうか。ストレス解消のためのリフレッシュにもなったことでしょう。また、隣で一緒に作っているスタッフに悩み事をぽろりと打ち明ける学生もいて、面接室で向き合う関係ではなく、横並びで一緒になにかをしている関係だからこそ話せる学生もいるのだろう、と感じました。

  後期は、10月10日(火)の昼休みに開催します。今回参加した学生はもちろん、参加できなかった学生も、ぜひ輪に加わってみてください。教職員の参加も大歓迎です。