学習者コーパスに関するワークショップを開催します
2017.6.9

麗澤大学言語研究センターでは,6月15日に「学習者コーパス研究の理論と実践」と題してワークショップを開催いたします。英語とフィンランド語の学習者コーパス研究の専門家による研究報告が中心となります。言語研究や教育に関心をおもちの方であればどなたでもご参加いただけます。どうぞふるってご参加ください。(ワークショップは英語でおこないます。)

日時:6/15(木) 15:00-16:30
場所:生涯教育プラザ2階 セミナールーム1A(アクセスはこちら)
申込:不要

※発表者のヤントゥネン博士(フィンランド ユヴァスキュラ大学教授)は6月末までの予定で言語研究センターの客員研究員として来日されています。

問合せ先:
麗澤大学 教授 千葉 庄寿 schiba@reitaku-u.ac.jp

Reitaku University Linguistic Research Center (LinC) Workshop
"Theory and Practice in Learner Corpora Studies"

Date: 15:00-16:30, June 15. 2017
Venue: Seminar Room 1a (2nd Floor, Lifelong Education Plaza Building (生涯教育プラザ棟), Reitaku University)
* Google Maps: https://goo.gl/maps/zuEdBUgh1rG2

Program:
Andrew N. Struc (Associate Professor, Reitaku University) "Learner Corpus Studies Investigating Crosslinguistic Transfer of Loanwords"
Dr. Jarmo H. Jantunen (Professor, University of Jyväskylä, Finland) "ICLFI Corpus and Annotation of Morphologically Rich Learner Language"
Shoju Chiba (Professor, Reitaku University) "Developing a Learner Corpus of Japanese Learners of Finnish: a Prospectus"

Contact Person: Shoju Chiba (e-mail: schiba@reitaku-u.ac.jp)
Participation: The workshop is free to attend and advance registration is not required.