父母懇談会(柏会場)を本学で開催!
2017.10.5

父母懇談会(柏会場)が本学キャンパスで、9月30日(土)に開催されました。後援会最大事業の一つでもある父母懇談会は、会員の関心が高い修学状況や就職状況等の学生生活全般に関する情報を提供し、「麗澤教育」に対するご理解をより一層深めていただくことを目的にしています。今年度は、8月末から9月末にかけて全国12府道県12会場で開催しました。本学キャンパス(柏会場)には、千葉県下を中心に関東近県より、約130名のご父母の方にご参加いただきました。

11時より校舎「かえで」6階1603教室で、巽久泰後援会会長の開会の挨拶の後、中山理学長より、小中学校での道徳の教科化をにらんで平成30年度道徳教育を専門的に学ぶ大学院を開設すること、世界大学総長協会(IAUP)ウィーン総会に学長・学部長に加えて学生も一緒に参加したこと、今年から始まった学生が柏市の課題解決に挑む科目「麗澤・地域連携実習」の取り組みなどに触れながら大学の現状に関する報告がなされました。

次に、中川敏彰キャリアセンター長による講演では、早期化の傾向を強めている近年の採用・就職市場の最新動向や、麗澤大学生の就職活動状況を報告するとともに、「学部3年生全員を対象とした個別面談」「必要に応じて卒業後も就職・転職をサポートしていること」など、本学らしいきめ細かなキャリア支援・就職支援の内容について説明があり、活発な質疑応答も行われました。

その後、会場を学生食堂「ひいらぎ」に移して開催された懇親会では、食事をとりながら参加のご父母と教職員が積極的に情報を交換されていました。

13時半からは、外国語学部は校舎「あすなろ」5階2505教室、経済学部は校舎「かえで」1502教室で、学部別懇談会を行い、両学部長をはじめ担当教員より、それぞれの学部に関する現状報告が行われました。

また希望のご父母を対象に、ご子女の学修状況や学生生活全般についての教員による個別面談が行われました。専門スタッフによる就職、留学、履修・成績、奨学金等学生生活全般の各相談コーナーでは、中でも留学に関する相談ブースに訪れるご父母が多く、留学に対する関心の高さが伺えました。

 

中山学長による大学の現状報告

中川常務理事による講演

立食パーティーの様子

専門スタッフによる各相談ブースの様子