学校教育研究科道徳教育専攻 教員リレーエッセイ連載(第8回)
2017.10.11

未来を拓く 子供たちのために

 

道徳の教科化を目前に控え、児童生徒が道徳的問題を自分事と捉え自己の在り方・生き方を考えることのできる授業づくりと評価の在り方が模索されています。学校教育の目的は、未来を拓く子供たちがよりよい社会を作っていくための基盤を育成することにあります。私も真剣に道徳教育に取り組んできたつもりですが、実践の裏付けとなる理論の構築・研究が不足していたと反省しています。

道徳教育を探求する人材を育成しようという本大学院の設置は、優れた研究者の下で新たな道徳教育を価値創造できる絶好の機会であると考えます。

本大学院から「こんな授業を全国に届けたい!」という研究の成果が数多く生まれることを願ってやみません。