英語劇グループ後期講演のお知らせ
2017.10.17

麗澤大学の数ある課外活動団体の中でも歴史と伝統を誇る英語劇グループ。
今年も恒例の後期公演を行ないます。皆様お誘い合わせの上、ぜひご観劇ください!

以下、英語劇グループからのメッセージです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今回の後期公演では、総勢28人でフランスの作家であるエドモンド・ロスタンの『シラノ・ド・ベルジュラック』を上演致します。

シラノ・ド・ベルジュラックとは、ロマンチックな詩人で、優れた剣豪でもあり、なおかつ、よく頭の利くひょうきん者でもあった一人のフランスの衛兵についての悲喜劇です。観客の皆様により深く伝わるように日本語での解説を含めております。皆様お誘い合わせの上、是非ご来場ください。部員一同、皆様のご来場を心待ちしております。

あらすじ

今から350年前のフランスのパリの劇場から物語は始まります。

シラノ・ド・ベルジュラックは、様々な才能を持っているものの、自分の大きな鼻を笑われることを恐れているために、彼が愛する美しい女性、ロクサーヌに自分の気持ちを伝えられずにいました。一方、クリスチャンはハンサムではあるものの、ロクサーヌへの想いを上手く言葉にできないパリの衛兵の新入りです。デ・ギッシュは権力の高い貴族であるもののとても臆病者で、彼も同様にロクサーヌを愛していました。

シラノは友人であるクリスチャンがロクサーヌを愛していることを知り、とても口下手なクリスチャンにロクサーヌを口説く手助けをしながら、ロクサーヌへ自分の本当の気持ちを伝える方法を探します。

ロクサーヌと3人の男達の恋の物語はどのような結末を迎えるのでしょうか?

 

開催情報

【日時】1回目 11月3日(金、文化の日)文化祭1日目

    2回目 11月11日(土)

【開場】16:30

【開演】17:00 

【場所】SMALL THEATRE (学生食堂ひいらぎ近く)