第3回 高校生英語スピーチコンテスト 発音クリニックを開講
2017.10.18

2017年10月14日(土)、来月開催される「第3回麗澤大学外国語学部主催高校生英語スピーチコンテスト」(詳細はこちら※9月15日募集締め切り)に先立ち、ストラック アンドリュー ニコライ准教授による「発音クリニック」が開講されました。
当講座は、「本番まで自分の発音が不安」や、「さらに本番でのパフォーマンスを高めたい」といった声を形にしたものです。
当講座の構成は“Pronunciation”(発音)と“Body Language”(ボディーランゲージ)と大きく二部構成となっております。

ジェスチャー、強調、ポージングなどの技法をわかりやすく解説

声のボリュームや、発音の仕方から、強調などのプレゼンテーションをする上での各技法を、英語の「早口言葉」などのゲームを交えながら、みっちり演習をしていきました。

日本人にとって出しづらい音も口の開け方、動かし方も交え練習しました。

グループワークでは、実際に長期での海外留学経験をしてきた本学外国語学部の学生スタッフも交え、身近な先輩とともに楽しみながらレッスンをしていました。

長期留学を経験した頼もしい先輩スタッフとグループワーク

参加者の皆さんには当講座で学んだことを、2017年11月3日(金)の本番でも生かしてほしいと思います!
参加者の募集は9月15日で締め切りとさせていただいておりますが、フロアにて、実際のコンテストの熱戦の様子をご覧になりたい方もご来場いただけます。見学をご希望の方は当日「見学希望」と受付にてお申し出下さい。
保護者の方や、担任の先生方はじめ、多くの方々にご来場、ご観覧いただけたら幸いです。
当コンテストタスクフォース一同、皆さんとお会いできますこと楽しみにお待ちしております!
昨年度開催の様子はこちら