麗澤大学英語劇ワークショップ開催のご案内
2017.11.13

中学生と高校生を対象にした英語劇ワークショップを、今年も本学の小劇場で12月16日(土)・17日(日)に開催します。外国語学部准教授で、伝統ある麗澤大学英語劇の顧問兼演出家でもあるマーウィン・トリキアン先生が、英語劇グループの学生と一緒に、ジェスチャーの仕方から発声、発音の仕方まで、英語で指導します。

英語に自信がなくても、演劇経験がなくても心配いりません。英語劇メンバーの学生が、しっかりとサポートします。人前で体を動かしながら英語で話す経験が、プレゼンテーションなどにもきっと役に立つはずです。

団体、個人のどちらで申し込んでいただいてもけっこうです。お誘い合わせの上、12月5日(火)までに電子メールで参加の申し込みをしてください。

 

■プログラム

◆12月16日(土)
舞台上の動作を中心に--アイコンタクト、ボディーランゲージ、ゲーム、サイレント・パフォーマンスなど

◆12月17日(日)
スピーチと表現を中心に--スピーチ、発声と表現、ゲーム、即興劇、英語小劇など

◆ワークショップを担当するのは...
*マーウィン・トリキアン(Merwyn Torikian)先生
麗澤大学外国語学部准教授・演出家:学部時代は数学専攻・音楽副専攻、その後大学院で英語教育学を学ぶ。麗澤大学教員として、長年英語劇の演出・指導を行なっている。学生からSirの愛称で慕われ、現在約40名のメンバーをまとめあげて年4回の公演を上演。特にスピード感あふれる現代喜劇の演出は秀逸。

*麗澤大学英語劇グループメンバー
外国語学部と経済学部の学生が所属し、7月の前期公演、11月公演(2回上演)、3月の卒業生公演を毎年学内外で上演し続けている。

◆日程
12月16日(土)13:00(受付開始)-16:30
12月17日(日)10:00-12:00及び13:00-16:30
※できるだけ2日間の全てのプログラムにご参加ください

◆場所
麗澤大学キャンパス内小劇場(千葉県柏市光ヶ丘2-1-1麗澤大学キャンパス内。最寄駅:JR常磐線・南柏駅)
交通アクセスは、こちらよりご確認ください。

◆参加人数 最大30名

◆参加費 無料(事前申し込みが必要)交通費のほか、食事・飲料代は各自でご用意ください。

◆申込期限 12月5日(火)

◆申込方法 

次のアドレスまで、「ワークショップ参加希望」というタイトルで、お名前、年齢、所属高校、学年をお知らせください。団体で申し込まれる場合も、参加希望者全員について同様の情報をお願いします。
ReitakuDramaWorkshop@gmail.com

こちらからの折り返しのメールで詳細をお知らせします。万一、メール送信後3日以内に返信が届かない場合は、お手数ですがFAX(04-7173-3060 麗澤大学研究棟A棟)までご連絡ください。その際には、電子メールアドレスを必ずお書き添えください。

詳細はこちらからも確認いただけます。
昨年の開催報告はこちらよりご覧ください。

******************************
麗澤大学英語劇グループは、開学以来の伝統を持ち、俳優・田中邦衛氏をはじめ、各界で活躍する人材を数多く輩出してきました。本学出身者の教員も、中山理学長を筆頭に、その多くが英語劇グループ出身です。