日本で初 専門的かつ学問的に道徳を学べる大学院
学校教育研究科 道徳教育専攻 記者説明会のご案内
2018.1.10

麗澤大学では、創立者生誕150年記念事業「学校における道徳教育貢献事業(道徳の教科化への貢献)」の一貫として日本初となる大学院 学校教育研究科 道徳教育専攻を平成30年4月に新設します。
 本大学院は、日本において初めて道徳教育に特化した大学院となり、道徳教育の理論と実践の融合を通して、教科化される「道徳科」に精通した教員や専門研究者の養成に取り組むとともに、教育学における新領域「道徳教育学」の開拓に向けた研究と教育を行ないます。
4月の開設も近づきこれからの「道徳科」の授業は何が変わるのかをご説明いたします。また本大学院での授業内容を模擬授業として公開いたします。

【概要】
◆日  時:平成30年2月8日(木)13:00~14:00
◆実施会場:麗澤大学大学院・生涯教育センター(千葉県柏市光ヶ丘2-1-1)
◆アクセス:JR常磐線 南柏駅 徒歩15分 又はバスで4分
      東武アーバンパークライン 新柏駅 徒歩20分
アクセスはこちら

【プログラム】
13:00~ 挨拶(麗澤大学 学長 中山 理)
本専攻の概要説明(麗澤大学大学院 学校教育研究科長 井出 元)
具体的なカリキュラムについて(麗澤大学 准教授 江島 顕一)
13:15~ 質疑応答
13:30~ 模擬授業『何が変わるか「道徳科」』(麗澤大学大学院 学校教育研究科 准教授 富岡 栄)
14:00  終了

【プロフィール】
井出 元(いで はじめ)
麗澤大学外国語学部中国語学科、 東北大学大学院文学研究科中国学中国哲学専攻を卒業。 専門分野は中国古代思想。 主な著書に『10代から読む中国古典 「論語」-人間の品位-』などがある。 現在は麗澤大学副学長、 特任教授、 4月から学校教育研究科長、 特任教授を務める。