平成29年度麗澤大学経済学会懸賞論文作品審査報告
2018.1.22

平成29年度麗澤大学経済学会懸賞論文表彰式が1月19日、校舎かえで第2会議室で行われました。応募作品は22編(学部生20、院生1、卒業生1)のうち審査の結果、奨励賞に4編が選ばれました。※優秀賞の選出がございませんでした。

下田健人経済学会長(経済学部長)は「厳選の結果、4編の論文が受賞の対象となりました。多くの応募のなかから受賞されたことはとても誇らしいことであり、この成果を学びの種として、後輩諸君に継承してほしいものです」と講評し、学生たちを激励しました。

論文の応募は①理論計量分野、②経済政策分野、③ファイナンス分野、④公共政策分野、⑤環境関連分野、⑥戦略マーケティング分野、⑦組織人事分野、⑧会計・税務・金融分野、⑨経営情報分野、⑩企業法務分野、⑪国際社会・基礎学際分野、⑫その他の12の分野に対して応募を募り、審査は各分野の専門教員があたりました。

奨励賞

No.

氏名

所属学科

所属ゼミ

区分

タイトル

1

渡邉 幹夫

経済学科

徳永 澄憲

千葉県における産業構造の異時点間分析

2

NGUYEN THI THANH NGA

経済学専攻

上村 昌司

An Empirical Test of the Capital Asset Pricing Model on the Vietnam Stock Exchange

3

大島 隼

経営学科

吉田健一郎

LINE公式アカウントの登録動機に関する研究

4

齋藤 亮太

経済学科

籠 義樹

高齢者の免許返納促進策に関する考察