「ANAエアラインスクール学内講座」にて寄附講座を開催
2018.3.2

 平成30年2月よりスタートした「第2回ANAエアラインスクール学内講座」もいよいよ大詰めを迎えております。

 講座では「社会人の心構え」、「言葉遣い」「立ち振る舞い」等の社会人基礎力から、「ビジネスマナー」「表現力」を鍛える実践演習を繰り返してきました。平成30年2月22日、これらの演習の総まとめとして、梅野講師による寄附講座「グローバルコミュニケーション ~異文化理解を深め相手を尊重する心を養う~」が開講されました。

 講座では、「Ⅰ.『相手軸に立つ』接遇について考える、Ⅱ.グローバル化と異文化理解について考える、Ⅲ.異文化対応力の向上を図る」という三つを目標とし「日本人にとって“いいサービス”と思われるサービスも、他の国の人にとっては“失礼”にあたってしまうこともある」といった、実際現場で起こりうる、「サイン、しぐさ、所作・行動のタブー」の例も交えながら、「異文化を理解すること」について話し合っていきました。

 ディスカッションを通して、「同じ国内に住む人々同士でも“異文化”が存在する」、ということに気づかされました。相手とのコミュニケーションをはかっていくには「文化の違いを理解し尊重することから始まる」という本質の部分に目を向けることができました。

 今回取り扱った課題の数々は「互いを思う心(互敬)」を大切にする、「麗澤スピリット」と共通する部分が沢山含まれており、改めて、ANAビジネスソリューション株式会社との教育連携の意義を感じることのできる講座となりました。受講者同士では「この講座が終わってもお互い、航空業界について定期的に勉強会を開こう!」といった会話も飛び交う程、受講者同士の結束力も出てきました。当講座ではこうしたチームビルディングも自然に学べる雰囲気があるのでしょう。

 後半はいよいよ、ANAエアラインスクール東京校にて、エアライン業界を目指す他大学生と共同での講座を経て、ANA成田空港での実務体験へと挑みます。