パーペチュアル・ヘルプ大学と道徳教育に対する共同研究始動
2018.3.19

 

 

3月9日から11日まで、中山理学長、堀内一史教授、犬飼孝夫教授が、本学の海外提携校であるフィリピンのパーペチュアル・ヘルプ大学を訪問しました。

本学の廣池千九郎博士記念館を訪れた同大学のギャビー・フローレス博士が、本学の創立者廣池博士の業績に感動され、是非とも道徳科学の学術共同研究を行いたいという要請を出されました。

今回は、その研究の一環として同大学で開催された講演会にて、講演を行いました。

詳細は、学長室ブログをご覧ください。

UPHより歓迎を受ける

講演をする中山学長