5月12日に高校生対象の「国際理解特別講座」が開講
2018.5.15

高校生対象の平成30年度「国際理解特別講座」が5月12日に開講されました。

本講座は高大連携教育の一環として開設した高校生のための専門的な授業とキャリア形成を目的とした講座です。

今年度は、柏陵、流山おおたかの森、市立柏、県立柏の4高校から24名の申込みがありました。

 第1回は特別講義で、本学経済学部長の徳永澄憲教授より、「グローバル経済の時代に生きる」のテーマで講義が行われました。講義は、高校生にとって身近な話題である大学選びから始まり、教授自身がアメリカの大学院で学んだ経験から、いい大学の選び方について話されました。またグローバル化する経済について、これから何をなすべきか講義されました。高校生活では意識することが少ない国際社会での事例を聞き、興味を刺激するものになったようです。

  講座は8月までの全11回。本学の専任教員19名が総合テーマ「21世紀の国際理解」のもとに、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの社会、言語、文化、経済等、国際理解に役立つさまざまな講義を展開していきます。