「拉致問題から見るモラルの普遍性」について考えてほしい ~西岡先生から学ぶ新たなグローバル視点~
2018.6.1

 本学道徳科学教育センター主催で「拉致問題から見るモラルの普遍性」について同センターの客員教授である西岡力先生が学生に向け講演を行ないます。
 西岡先生は2016年に同センターの客員教授として韓国の道徳・社会の研究を深めるため就任しました。 今回は拉致問題を通じて、 モラルの普遍性は成立するかどうかという道徳哲学上の主要問題について、 学生にも考えてもらいたいという思いから実現した講演会です。 グローバル化が進む中、 大学教育においても重要な視点を養う貴重な機会と捉えています。 テーマを「拉致問題から見るモラルの普遍性」とし、 子供を拉致された家族の思いや傷は万国共通であるということを具体的な例を元に講演いただく予定です。 講演後には学生同士でテーマに沿って考えをディスカッションしてもらい、 レポートにまとめる予定です。
 道徳科学教育センターは今後もこのような講演等を通じ、 モラルについて様々な視点から考える機会を儲け、 道徳教育の推進に貢献していきたいと考えております

◆西岡先生特別講演について
 テーマ:「拉致問題から見るモラルの普遍性」
 日 時:平成30年6月7日(木)13:10~14:40  
 場 所:麗澤大学校舎「かえで」1603教室( http://www.reitaku-u.ac.jp/about/access.html

【西岡 力 (にしおか つとむ) 客員教授について】
東京都出身。 国際基督教大学卒業、 筑波大学大学院修了。 外務省専門調査員として在韓国日本大使館勤務、 月刊『現代コリア』編集長、 東京基督教大学教授を歴任。 現在、 「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)」会長。 2016年度より麗澤大学道徳科学教育センター客員教授に就任。