「第1回麗澤グローバル経済経営セミナー」を開催~”The US Strategy for Asia(アジアにおけるアメリカの戦略)”~
2018.6.6

 平成30年6月4日(月)12:10から13:10に、本学経済学部経済学会が主催で「第1回麗澤グローバル経済経営セミナー」を開催し、80名を超える学生や教職員が参加しました。

 第1回となる今回は、アメリカのアメリカン大学国際関係学部からQuansheng Zhao教授をお招きし、”The US Strategy for Asia(アジアにおけるアメリカの戦略)”と題して講演をいただきました。トランプ政権のアジア政策の新しい挑戦について、特に、アメリカと中国の関係を軸にした講演で、トランプ政権の3つの矢、①政治上の矢(台湾問題)、②経済上の矢(貿易戦争)、③軍事上の矢(東シナ海)を取り上げ、アメリカと中国の関係を学部学生にもよく分かる平易な英語で説明いただきました。セミナーは、昼休みの60分でしたが、参加者からは質問が相次ぎ、刺激的で示唆に富む米中の国際関係に関するセミナーでした。

 次回の本セミナーは以下を予定していますので、多くの方のご参加をお待ちしております。


  日 時:平成30年6月26日(火)13:00-16:30(予定)
  場 所:校舎かえで2階第2会議室(予定)
  講演者:タズキアイスラム経済大学
      Muhammad Syafii Antonio理事長, Murniati Mukhlisin学長,
      Thuba Jazil教授、本学馬場教授と鈴木准教授
  題 名:Business Ethics and Digital Economy

 

 

 

 

 

 

 また、本セミナー終了後、本学学長を訪問されました。その様子はこちらからご覧ください。