【開催報告】麗澤大学で柏市の小学生を対象にプログラミング体験講座を実施
2018.7.10

 2018年6月24日(日)麗澤大学はなみずきにて、柏市の小学生を対象とした「プログラミング体験講座アワーオブコード&マインクラフト」を実施しました。本企画は、株式会社学研プラスGakkenTechProgramと麗澤大学地域連携センターの共催で柏市教育委員会の後援を得て実現しました。申込み定員50名のところ、なんと十倍以上の582名の応募を頂き、受入れ枠を増やすほどの反響で、柏市民のプログラミング教育に対する関心の高さが伺えました。

 講座は午前と午後の2部に分かれ、いずれも「マインクラフト」を使用したプログラミングの基礎を学ぶ内容です。午前は小学校低学年を対象とした比較的やさしい内容で、キャラクターをゴールまで到達させるためにマス目上を移動させることを目標に、午後は高学年を対象としたやや難しい内容で、プログラミングでドット絵を描くという目標で、それぞれ取り組みました。PCを使うだけでなく、子ども達同士指示を出し合い、人を動かすことでプログラミングの感覚を実感させる工夫もあり、実施後のアンケートでは多くの子ども達が「またやりたい」と答えてくれるほど、楽しんでくれたようです。

 本企画を機にプログラミングに初めて触れたという子ども達が半数ほどで、これから小学校授業導入前に体験する機会を提供できたことや、本学に初めて来た方も多かったことから本学を知ってもらう良い機会にもなりました。

 麗澤大学では近隣中学生を対象とした英語学習支援プログラムを本学英語教職課程の学生が企画運営しており、また、Coder Dojo Kashiwaの柏市南部活動拠点として、麗澤中高の生徒達が運営に関わるなど、子ども達の教育支援活動の輪も広がっています。