大学の特徴
たくさんの人や文化にふれ、異なる個性や価値観を認めあうこと。
互いを思う心(互敬)を大切にする麗澤の学びは、人や社会、人生の在り方につながる"人間の力"を育てます。

1. 自ら学ぶ、共に学ぶ

教職員は、学生の可能性に対して信頼と尊敬を持ってサポートし、卒業後も関心と愛を持続します。教職員が全力を挙げて学生の潜在能力を引き出します。

「主体的に学ぶ」

ただ教員の話を一方的に聞くだけではなく、麗澤では学生が自ら動き、意見や質問を教員や学生同士で投げかけ合えるような環境を重視。少人数、双方向の授業や能動的な学習を通して、積極性や自主性を身につけます。

「協働的に学ぶ」

教員と学生の距離が驚くほど近く、「いつでも質問したり、相談したり」できる環境です。教員は学生とともに"人間力"と"学問"の研鑽を重ね、コツを伝えて学生が主体的に前進できるように促します。

2. フィールドは世界で

コミュニケーション能力を磨く

ネイティブと対等に議論し、ビジネスの場で役に立つ語学力の習得にも力を入れています。多言語習得を推奨し、卒業までに2言語以上を習得できるプログラムが充実しています。

海外留学のチャンスが豊富

海外留学制度が充実しているので、目的や希望に合わせてさまざまなスタイルの留学が選べます。海外経験豊富な教授陣や国際交流センターなどがサポートするほか、留学先での受け入れ体制も万全。アジア、ヨーロッパ、アメリカを中心に、18の国・地域、48もの大学と提携を結んでいます。

学内でいつでも国際交流・多文化理解

麗澤のキャンパスは、毎日が多文化交流。世界21の国・地域から留学生が集まり、さまざまな言語が飛び交います。主に英語のネイティブが常駐する「i-Lounge」というコミュニケーションスペースを設置。
また、国際交流センターでは「留学生歓迎懇親会」「国際交流もちつき大会」などさまざまなイベントで留学生たちとふれあう機会を設けており、まさに多文化・多言語の環境で国際感覚を養うことができます。

3. 自然豊かなキャンパス

森と共生するキャンパスは、自然と一体感があふれ、何より落ち着いた環境で、ゆったりと学ぶことが魅力です。四季折々の豊かな自然を感じながら、リフレッシュができ、気持ちの良い環境です。