学則/大学の方針

1. 学位授与方針:ディプロマポリシー

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイト
からダウンロードしてご利用ください。

2. 教育課程編成・実施の方針:カリキュラムポリシー

3. 入学者受入れの方針:アドミッションポリシー

学則

麗澤大学の学則をPDFデータでご案内しています。
アドビリーダーでご覧ください。

成績評価の厳格な運用

GPAを用いた成績評価方式

(1)GPAとは
GPA(Grade Point Average)は、各科目の成績から一定の方式によって算出された学生の成績平均点の評価方式のことをいいます。学校や国が異なっても共通の尺度として利用しやすいことから、欧米の大学や高校などで一般的に使われており、留学の際など学カを測る指標となります。日本においても、成績評価指標として導入する大学が増えてきており、 採用の目安とする企業も増えてきています。本学では、成績評価指標として用いるとともに奨学金や授業料減免等の採否に利用されます。

(2)実施概要
1)対象科目 : 卒業要件となる科目のうち、6段階評価する科目
2)対象外の科目:卒業要件に含まない教職科目、留学や語学検定で単位認定される科目、編入時に一括認定される科目
3)履修取消:登録後の不本意履修を避けるため、「履修取消し制度」を設け、一定期限内[履修登録時に掲示]であれば履修登録した科目を取消すことが出来ます。ただし、履修登録科目の追加は認めません。
4)履修放棄:履修登録した科目を履修取消期間後に放棄して成績がD・E評価になる場合は、GPAが下がることになるので留意してください。
5)再履修について:不合格科目は再履修できますが、合格した科目は再履修できません。
6)GPAの確認:学生用WEBサービス(Campus Plan)で履修した各科目の成績評価(S,A,B,等のレターグレード)に加え、学期ごとのGPA及び履修科目全体のGPAが確認できます。
7)成績証明書の記載:成績証明書にGPAを記載しますが、利用目的に応じて表記の有・無を選択することができます。

(3)GPAの計算方法
素点100点を GPの最高点4.0点とし、素点60点の GPを1.0点として換算する。
GPA算出式

外国語学部 語学能力保証プログラム

英語コミュニケーション専攻/英語・英米文化専攻

3年次2学期までに英語コミュニケーション専攻ではTOEIC®550点以上等を、英語・英米文化専攻ではTOEIC®500点以上等をめざします。これが達成できない場合にも万全な体制でサポートしますが、基準点以上を取得できない場合には必修科目Reading Workshop Bが履修できず、卒業ができません。

ドイツ語・ドイツ文化専攻

ヨーロッパ共通参照枠(B1)相当のドイツ語能力の修得をめざします。

中国語専攻

中国語コミュニケーション能力試験(TECC)600点以上等の中国語能力の修得をめざし、仕事で使えるレベルの実力を有することを卒業判定の目安とします。