教員紹介
中山 理
中山 理

NAKAYAMA, Osamu

職名 教授  学長
研究科 言語教育研究科
学部 外国語学部
学科 外国語学科
関連するWebサイトURL
専門分野
  • ・英文学・比較文化
研究テーマ
  • ・文学とイコノロジー(視覚芸術)の関係
  • ・ジョン・ミルトン研究
学歴
  • ・上智大学 博士(文学) 学位取得
  • ・The University of Edinburgh 留学
  • ・The University of Essex 留学
  • ・上智大学大学院博士後期課程英米文学専攻 単位取得満期退学
  • ・上智大学大学院博士前期課程英米文学専攻 修了(文学修士)
  • ・麗澤大学外国語学部イギリス語学科 卒業(文学士)
取得学位
  • ・博士(文学)(上智大学)
  • ・文学修士(上智大学)
  • ・文学士(麗澤大学)
受賞(学術賞、教育賞、一般賞)
  • ・学長賞(麗澤大学)
  • ・ロゲン賞(上智大学英文学会)
主要経歴
  • ・麗澤大学 学長
  • ・麗澤大学道徳科学教育センター長
  • ・学校法人廣池学園 評議員
  • ・学校法人廣池学園 理事
  • ・麗澤大学外国語学部 学部長
  • ・麗澤大学大学院言語教育研究科 教授
  • ・麗澤大学外国語学部 教授
  • ・麗澤大学外国語学部 助教授
  • ・麗澤大学外国語学部 講師
  • ・麗澤大学外国語学部 助手
著書
  • ・『運命を開く 易経の知恵』  共著  モラロジー研究所  (2016.12.01)
  • ・『日本:多様な文化が融合する国』  共著  ホーチミン市国家大学人文社会科学大学出版社  (2016.07.06)
  • ・『荘子に学ぶ 明鏡止水のこころ』  共著  モラロジー研究所  (2015.12)
  • ・『現代における経済と道徳』  共著  Social Sciences Publishing House(ベトナム)  (2014.10)
  • ・『高校生のための道徳教科書』  共著  麗澤大学出版会  (2013.02)
  • ・『グローバル時代の幸福と社会的責任: 日本のモラル、アメリカのモラル』   共著  麗澤大学出版会  (2012.11)
  • ・"Happiness and Virtue Beyond East and West: Toward a New Global Responsibility"  共著  Tuttle Publishing  (2012.04)
  • ・『人間力を伸ばす珠玉の言葉-箴は鍼なり』  共著  モラロジー研究所  (2011.12)
  • ・『日本人の博愛精神―知られざる感動の11話』  単著  祥伝社  (2011.04)
  • ・『大学生のための道徳教科書』「理論編」、「実践編」  共著  麗澤大学出版会  (2009.04、2011.04)
学術論文
  • ・"Actualizing Moral Education in Japan’s Tertiary Sector: Reitaku University’s Response to Today’s Challenges"  Journal of Character Education  単著  Character.org  (2015.12)
  • ・『パラダイスロスト』に見るミルトンの自然観を歴史的に読む-日本とイギリスの比較文化的研究の視点から-  十七世紀英文学を歴史的に読む  単著  金星堂  (2015.05.30)
  • ・“Globalization and the Need to Reconstruct Moral Education in Higher Education”  Character and Public Policy: Educating for an Ethical Life,   単著  School of Education, University of Birmingham  (2012.12)
  • ・「中華民国とミズーリ派ジャーナリズムの独占―My Twenty-five Years in Chinaに見るJ・B・パウエルの対中観―」  『麗澤レヴュー』第14巻  (2008.06)
  • ・“The Radical Change in the Perception of Death in the 17th Century and Milton’s Lydidas,”Milton and Early Modern English Studies in Korea  (2007.11)
  • ・「ミルトンとエンブレム・ブック」『伝統と革新−高柳俊一教授古希記念英文学論集−』  研究社  (2002.03)
  • ・"Milton and Emblematic Imagery"  Reitaku Review, Vol.7  (2011.05)
  • ・"Proserpina, Jacob, the Fields of Ceres: Milton’s Disjunctive Similes"  The Oxford University Press for the English Association  (1984)
その他の業績
  • ・ Keynote Address, pp. xxxvii-xxxix, “The Concept of Nature (Shizen) Revealed in the Japanese Garden”, pp. 95-101. Gita A. Keeni, ed., Rabindranath Tagore and Japan: the Proceedings of the International Conference on ‘Tagore and Japan & Various Aspects of Japanese Culture’ (Granthana Vibhaga, Viva-Bhatati, 2017 )  共著  Viva-Bhatati   (2016.03)
  • ・バーミンガム大学ジュビリーセンター第5回年次会議”Character, Wisdom and Virtue”で共著論文”An Empirical Case Study of the Impact of Moral Education on the Character of Students at Private Educational Institutions in Japan”(中山理、堀内一史、江島顕一、竹中信介)を発表  共著  Jubilee Centre  (2017.01.06)
  • ・『弘道』(第1106号)、特集 企業経営と倫理に寄稿、「企業経営の本道は道徳にあり」  単著  日本弘道会  (2017.02.28)
  • ・翻訳書『ユダヤ人 なぜ、摩擦が生れるのか』ヒレア・ベロック著の全訳  共著  祥伝社  (2016.09.10)
  • ・翻訳書『学校が変わるスーパーテクニック: アメリカの人格教育からのアプローチ』Marvin W. Berkowitz著の監訳  共著  麗澤大学出版会  (2014.06.30)
  • ・翻訳書『原勝郎博士の「日本通史」』原 勝郎著"An Introduction to the History of Japan"(Katsuro Hara, 1920)の全訳、あとがき  共著  祥伝社  (2014.03.29)
  • ・ボストン大学教育学部「品性・社会的責任センター」(Center for Character and Social Responsibility)主催"Service Learning Strengthening Character Across Cultures: Japan and the United States"をテーマとしたシンポジウムにて発表  (2013.09.26)
  • ・翻訳書『アメリカ史の真実』Cecil Chesterton著 A History of the United Statesの全訳。渡部昇一監修・  祥伝社  (2011.09)
  • ・翻訳書『在支二十五年(上)(下)』 J.B.Powell著 My Twenty-Five Years in China の全訳。監修 渡部昇一  祥伝社  (2008.04)
  • ・翻訳書『<完訳> 紫禁城の黄昏(上)(下)』 R.F. Johnston著 Twilight in the Forbidden City の全訳。監修 渡部昇一  祥伝社  (2005.03)