教員紹介
森沢 小百合
森沢 小百合

MORISAWA, Sayuri

職名 講師
研究科 ---
学部 ---
学科 ---
専門分野
  • ・日本語教育学
研究テーマ
  • ・年少者日本語教育
学歴
  • ・早稲田大学大学院 日本語教育研究科修士課程 修了
  • ・学習院大学文学部日本語日本文学科 卒業
取得学位
  • ・修士(日本語教育学)(早稲田大学大学院)
  • ・学士(日本語日本文学)(学習院大学)
主要経歴
  • ・麗澤大学日本語教育センター 講師
  • ・麗澤大学日本語教育センター 非常勤講師
  • ・学習院大学文学部 非常勤講師
  • ・東洋大学国際交流センター 非常勤講師
  • ・白鴎大学経済学部 非常勤講師
  • ・早稲田大学日本語教育研究センター 非常勤講師
学術論文
  • ・「学習者の課題達成を後押しする教師の教育課題への内省-学習者と教師双方に必要とされる『問題発見能力』-」  『白鴎大学論集』第28巻第1号  単著  白鴎大学経済学部  (2013年9月)
  • ・「教師と学習者相互主体的な教室活動を考える-年少者日本語教育から見えてきたもの-」  『教育学・教育実践論叢2012』  単著  学習院大学文学部  (2012年4月)
  • ・「第5章 JSL児童の『読む』力と『自己有能感』の育成を目指した日本語教育支援」  川上郁雄編著『「移動する子どもたち」と日本語教育-日本語を母語としない子どもへのことばの教育を考える-』  単著  明石書店  (2006年10月)
  • ・「JSL児童に対する『発達』的見地からの日本語教育指導-『読む』力と『自己有能感』を育成する一試案」  修士論文  単著  早稲田大学日本語教育研究科  (2005年9月)
  • ・「聴解教育における教師支援の在り方について-スキャフォールディングの観点から-」  『早稲田大学日本語教育実践研究』創刊号  単著  早稲田大学日本語教育研究科  (2004年12月)
その他の業績
  • ・第39回AJG研究会ワークショップ「ケースメソッド教授法の日本語教育への応用を考える」ファシリテーター  早稲田大学  (2016年6月)
  • ・公益財団法人 新宿未来創造財団主催 「日本語学習支援」研修会にて講演  新宿区コズミックセンター  (2016年2月)
  • ・「JSLバンドスケール・ワークショップ-児童生徒の力をどう把握し、実践をどうデザインするか-」日本語教育学会主催 2014年度日本語教師研修ワークショップアシスタント  早稲田大学  (2014年6月)
  • ・「子どもへの日本語教育実践活動を考える」埼玉日本語ネットワーク主催 日本語ボランティア研修会にて講演  浦和市カルタスホール  (2014年6月)
  • ・「子どもの日本語教育-ことばの学びを支える教材・言語活動を考える-」早稲田大学大学院 日本語教育研究科 日本語教育実践ワークショップ講座担当  早稲田大学  (2013年6月~)
  • ・「年少者日本語教育の観点と実践」越谷市役所市民活動支援課主催「日本語指導員講習会」にて講演  越谷市中央市民会館  (2012年2月)
  • ・「年少者に対する日本語教育」  朝日カルチャーセンター新宿教室「日本語教師養成講座」  (2010年8月~)