教員紹介
大関 浩美
大関 浩美

OOZEKI, Hiromi

職名 准教授
研究科 言語教育研究科
学部 外国語学部
学科 外国語学科
専門分野
  • ・第一・第二言語習得、日本語教育
研究テーマ
  • ・第一・第二言語における文法習得(特に名詞修飾節)
学歴
  • ・お茶の水女子大学大学院人間文化研究科国際日本学専攻応用言語論講座博士後期課程修了
  • ・お茶の水女子大学大学院人間文化研究科言語文化専攻博士前期課程修了
  • ・早稲田大学第一文学部西洋史学専修卒業
取得学位
  • ・博士(人文科学)(お茶の水女子大学)
  • ・修士(人文科学)(お茶の水女子大学)
主要経歴
  • ・麗澤大学大学院言語教育研究科 准教授
  • ・麗澤大学 外国語学部 准教授
  • ・東京大学留学生センター特任講師
  • ・東京大学留学生センター非常勤講師
  • ・アークアカデミー日本語科非常勤講師
  • ・国際電信電話株式会社 勤務
著書
  • ・『フィードバック研究への招待 -第二言語習得とフィードバック-』  編著  くろしお出版  (2015.02.13)
  • ・『日本語を教えるための第二言語習得論入門』  単著  くろしお出版  (2010.06)
  • ・『第一・第二言語における日本語名詞修飾節習得過程』  単著  くろしお出版  (2008.12)
学術論文
  • ・「言語習得データから日本語名詞修飾節を考える -フレーム意味論の観点から-」  『日本認知言語学会論文集』14  単著  日本認知言語学会  (2014.06.01)
  • ・「わたしたちは新しい文法をどう学ぶのか -第二言語習得研究からわかってきたこと-」  『日本語文法』13巻2号  単著  (2013.10)
  • ・The acquisition of relative clauses in Japanese.   In E. Kidd (Ed.), The acquisition of relative clauses: Processing, typology, and function.  単著  Amsterdam: John Benjamins.  (2011.11)
  • ・Semantic bias in the acquisition of relative clauses in Japanese.  Journal of Child Language 37.  共著  (2010.01)
  • ・Does the noun phrase accessibility hierarchy predict the difficulty order in the acquisition of Japanese relative clauses?   Studies in Second Language Acquisition,29  共著  (2007.09)
  • ・The consequences of variation in the acquisition of relative clauses: An analysis of longitudinal production data from five Japanese children.  In Y. Matsumoto, D. Oshima, O. Robinson & P. Sells (Eds.), Diversity in language: Perspectives and implications.   共著  (2007.03)
  • ・「日本語学習者の連体修飾構造習得過程 -修飾節の状態性の観点から-」  『日本語教育』第121号  単著  (2004.04)