1. ホーム>
  2. イベント情報>
  3. 結果報告>
  4. 金丸良子教授による「チベット仏教の仮面」講演会を開催

金丸良子教授による「チベット仏教の仮面」講演会を開催

本学外国語学部の金丸良子教授が6月21日に麗澤大学生涯教育プラザ1階のプラザホールにて、「チベット仏教の仮面」と題して講演し、80名が熱心に聴講しました。

講演は金丸教授が自身が撮影した雲南省・東竹林寺周辺の深い渓谷の写真から始まり、漢民族とお茶を介した交易を行う少数民族であるチベット族の生活についての話しに進みました。チベット族にとって、お茶はビタミン補給に欠かせない食べ物とのこと。

さらに、チベット族が信仰するチベット仏教寺院で行われる「チャムの踊り」(跳舞)に使用される仮面に話が進みました。研究のためにこれらの仮面を全て手 に入れるため、寺院に作成を依頼し61面の仮面を手に入れた経緯が紹介され、現在、展示ルームに展示されている仮面はその中の一部で、人間の五罪(貧欲、 妬み、愚かさ、幼稚さ、欲情)に対する克服を象徴しているとの説明がありました。

また、伴奏の「ドゥン」(長いトランペット)、「ン ガ」(枠太鼓)等にあわせて仮面をかぶって行われる「チャムの踊り」はビデオで紹介されました。大変ゆったりした踊りが延々と続き、ビデオを早送りして ちょうど私達の普段の動作に匹敵するようなテンポでしたが、冒頭の深い渓谷の情景と重なり、漢民族からみた少数民族としてのチベット族に改めて思いをはせ る機会となりました。

受講者の中には、めったに訪れる機会のないチベット族の風俗を身近に感じることができたとの感想があり、講演終了後には、多くの方が展示ルームへ足を運び、実物の仮面を見てその余韻を楽しんでいました。

引き続き6月27日まで、麗澤大学生涯教育プラザ1階の展示ルームにて、貴重な仮面が展示されています。ご興味のある方はぜひご覧ください。

ご参考までに今回の講演会で使用された写真が以下の金丸教授のホームページに掲載されています。
http://www.fl.reitaku-u.ac.jp/~kanamaru/

 

講演する金丸教授

熱心に聞き入る受講者

満員となった会場