会計ファイナンス専攻
徹底指導で、会計・金融のプロフェッショナルを目指します。
高い知識と資格を持つ人材を確実に育てる、実務志向の専攻です。
難しい数学の知識はいりません。
地道な努力で、一生モノの資格を手にしてください。

専攻の特色

社会で求められる会計と金融の実務力を、確実に身につける。

コツコツ学べば結果が出る。
会計と金融、両方を学んだ貴重な人材を目指そう。

大企業でも、小さな商店でも、あらゆる組織に会計担当者は必須です。さらに組織が大きくなると、資金の調達や運用に必要なファイナンス(金融・財務)の専門家も不可欠になります。この専攻は、会計と金融、両方の能力を備えた人材を育成します。「難しそう」と思うかもしれませんが、会計と金融には密接なつながりがあるため体系的に学べば難しくなく、理解できるようになると楽しい学問です。使うのは+−×÷だけですから、地道に学びさえすれば必ず知識が身につきます。

ファイナンシャル・プランナーと日商簿記、2つの資格を取得できるよう、徹底サポート。

日商簿記とFP(ファイナンシャル・プランナー)技能検定の、両方の資格取得を目指します。2つの資格を持つ人材は少なく、社会で非常に高く評価されます。資格取得に向けた授業や教員による授業外の指導に加え、先輩が後輩を教える伝統もあり、ほとんどの学生が目標を達成しています。会計未経験の1年次生が入学からわずか2ヵ月で簿記3級に合格し、2年次生では簿記2級に合格しています。

専門知識+実務能力+資格。
能力を“見える化”して、就職に強い人材になる。

自分の実力を磨き、資格という形で“見える化”することは、社会に出る際にも、実際に仕事を始めてからも、大きな武器となります。毎年多くの先輩たちが金融機関や大手企業の経理・財務部門に就職。「税理士コース」を選択し、税理士や会計士など専門家として活躍する卒業生もいます。決算書を楽々と読める力は、営業や経営企画など、あらゆる職種でアドバンテージとなることでしょう。

4年間の学習の流れ

基礎からの丁寧な指導で、会計と金融のプロを育てます。
1年次
「簿記って何?」からスタートします。
簿記と会計って何が違うの? ファイナンスって何? そんな「基礎の基礎」から学びます。

先生からひとこと!

「簿記原理」「会計ファイナンス概論」などで基本を学習。資格取得に向けた演習もすぐに始まります。

2年次
金融の授業も開始。基礎を広く学びます。
ファイナンス系の授業や演習がスタート。少しずつ幅を広げながら基礎知識を固めます。

先生からひとこと!

新聞記事を参照してファイナンスを学ぶ「金融論」など、会計・金融と社会のつながりも学習していきます。

3年次
専門科目とゼミナールで深く学び始めます。
少しずつ専門分野に踏み込みながら、自分が深めていきたい学びの分野を見極めます。

先生からひとこと!

企業の資金調達を学ぶ「企業金融論」や高度な金融商品の「デリバティブ理論」など、専門的な学習が始まります。

4年次
専門知識を活かした就職を目指します。
学生生活の集大成となる卒業論文と就職に向けて、本人の努力を専攻全体でサポートします。

先生からひとこと!

日商簿記とFP技能検定の2つの資格があれば、仕事の可能性は大きく広がります。自信を持って社会へ出ましょう。

Focus on! 【会計ファイナンス専攻】

1年次に日商簿記2級を取得! さらに上を目指して挑戦中です。

1年次の必修授業で、企業とコラボレーション

中島:会計ファイナンス専攻では、全員が簿記とFP(ファイナンシャル・プランナー)の資格を取得することを目標にしていますが、皆さん1年次生のうちに簿記2級まで取得したのですよね。素晴らしい!

櫻井:商業高校で簿記3級を取っていましたが、「試験の解き方がわかればいい」という指導で、深い意味は知りませんでした。大学で色々な先生に個別に指導していただき、「なぜそうなるのか」まで理解できたのが大きいと感じています。

呉:私は韓国からの留学生です。簿記なんて韓国ではまったく知りませんでした。漢字が読めなくて苦労したけれど、まさにゼロから指導してもらったおかげで、他の授業もよく理解できるようになりました。

長岡:私も含め皆、大原簿記専門学校とのダブルスクールで学んでいます。専門学校でわからないところを大学で教えていただいて復習できて、手厚くフォローしてもらいました。

坂元:目的意識を持って取り組んでもらうために、入学時から少し厳しめに指導しましたが、よくついてきてくれました。私ならとっくに逃げ出していましたよ(笑)。

長岡:実は私、2級を一度落ちて、「これじゃいけない」と気合いを入れ直して再挑戦しました。今では会計が楽しくなり、税理士を目指して勉強中です。

櫻井:私も2級は2度目で合格しました。今はFP3級と簿記1級を目指しています。資格に挑んだことで、将来の道も見えてきました。

呉:最初は日本の金融機関で働きたいと思っていたけれど、会計ソフトや金融システムをつくる仕事に興味を感じ始めて、FP3級を取り、今はITパスポート資格の取得に向け頑張っています。日本で夢を見つけられました。

中島:成功体験は自信を生み出し、人を育てます。今後もどんどん挑戦していってください。

授業紹介

授業紹介1

金融の仕組みについて幅広く学ぶ。

【金融論 B】

現実に即した金融の仕組みを元日銀マンから直接学ぼう。

企業の資金調達から住宅ローンの仕組み、電子マネーの決済方法など、金融システムについて幅広く学びます。日本銀行での20年以上の経験を踏まえ、時には日本経済新聞の記事も参考にしながら、金融論が空論ではなく実社会で行われている現実であることを実感してもらいます。本学では約15%の学生が「金融業界」に就職しますが、その大半がこの授業を受講しており、この授業で金融の面白さに目覚めることが多いようです。奥深い金融の魅力に、ぜひ触れてください。

中島 真志 教授
  • 中島 真志 教授

授業紹介2

FP3級資格の取得を目指そう。

【FP 実務演習(初級)】

お金の基礎を学び、資格取得を目指し、賢く生きる力をつける。

ファイナンシャル・プランニングをテーマに、社会生活で必要なお金の基礎知識(金融リテラシー)の獲得を目指します。公的年金に加入しないと何が起こるか、なぜお年玉に税金がかからないのか、保険や相続など、身近な問題から学んでいきます。またファイナンシャル・プランニング技能士検定3級の合格対策も行っています。毎回の小テストと試験直前の3日間の補講にしっかりと取り組めば、必ず合格できます。お金を学び、お金に強くなり、賢く生きる力を身につけてください。

上村 昌司 教授
  • 上村 昌司 教授

授業紹介3

学問としての会計学と向き合う。

【会計学原理 B】

会計学とはどんな学問なのか、大きな視野から確認しよう。

大きな視点に立ち、会計学全般をイメージしてもらう授業です。経済学、経営学、マーケティングといった周辺学問領域との関係を意識しながら、「会計学とは何を学ぶのか」を確認していきます。財務諸表とは何か、原価計算はどう行うのか、財務分析の方法など、会計の基本的な手法を学習しながら、さらに上級の授業を受ける際の基礎力をつけていきます。資格取得を目指したり、実務的な知識やスキルの習得を目指す授業が多いなか、会計学という学問とじっくり向き合う授業です。

鈴木 大介 准教授
  • 鈴木 大介 准教授

在学生の声

2年次までに簿記2級とFP3級に合格。初めて努力が報われた経験でした。
  • 藤森 舞

    藤森 舞
    会計ファイナンス専攻 3年
    東京都・私立堀越高等学校

  • 私は税理士を目指しています。麗澤大学は大原簿記専門学校と提携しており、税理士コースを選択すれば、専門学校での勉強が大学の単位として認められます。ここなら夢に向かって無理なく努力できると考えました。
    とはいえ、簿記の勉強を始めたのは大学から。たくさんの苦労や、諦めそうになる瞬間もありましたが、多くの仲間や先生からの励ましがあったおかげで最後まで学びきり、2ヵ月で日商簿記検定3級に合格できました。生まれて初めて努力が報われる経験をしました。
    その後も勉強を続け、簿記2級とFP3級を取得。現在は、税理士試験の簿記論や財務諸表論に取り組んでいます。目標が高く、勉強すべきことが多くて大変ですが、先生や仲間に支えられながら、夢に向かって無遅刻無欠席で頑張っています。

    私の履修科目 〔2年次/前期〕

    履修科目

支え合う仲間と、先生の心強いサポートがあります。

会計ファイナンス専攻には、資格取得を目指す学生が多く集まっています。競い合い、支え合いながら勉強に取り組めます。また先生も熱心に指導してくださり、授業後にも時間をかけて丁寧に質問に答えてくれます。キャンパスも緑が多く快適な学習環境だと思います。

麗澤ジャーナル 会計ファイナンス専攻 リアルストーリーはこちら