経営専攻
社長になったり、起業したりするだけが、“経営”ではありません。
たとえば部活で、仲間と協力して組織をうまく運営していくのも、“経営”の1つ。
あらゆる組織の“マネジメント”に必要な知識と能力を養うのが、経営専攻です。

専攻の特色

“マネジメント力”を手に入れて、“良き経営人”を目指す。

“良き経営人”に必要な人間力と知識を体系的に身につけることができる。

経営専攻は“良き経営人”の育成を目標にしています。“良き経営人”とは、“信頼される人格と、頼りになる経営センスを持つ人”のこと。どんな組織も、人と人との信頼関係で動きます。信頼される人には、より大きな役割が与えられ、その役割が人を成長させます。そして、信頼の基盤になるのが、経営センスです。“人格”と“経営センス”をバランスよく伸ばすのが、この専攻の特色です。

実践的な対応力や課題解決力を育てる少人数の「体験型授業」がメイン。

経営学は、常に変化する現実社会を相手にします。なので授業は、「自分で動き、考える」体験型・演習型がメイン。1年次の必修である「基礎ゼミナールA・B」では、自分が経営者になって会社を運営するビジネスゲームを行ったり、提携している企業から与えられた経営課題を解決したりします。リアルな課題にグループで取り組むことで、実践的な経営センスと人間力がどんどん鍛えられます。

常に未来のキャリアを意識し、“自分をアップデートする力”を高める。

この専攻が育てるのは、テストのできる人でなく、実社会で活躍する人材です。そのために、1年次から将来のキャリア=就職を強く意識した指導を実施しています。2年次の「経営学基礎演習A・B」など多くの授業で、ビジネスメールやレポートの書き方、プレゼンテーションの方法など、社会人の基礎力を身につけます。激動の社会で、常に自分をアップデートできる人であってください。

科目例

科目例1

企業からの課題にチームで挑む。

【基礎ゼミナールB】

正解のない課題に知恵を絞り企画・プレゼン力を高めよう。

企業から与えられたミッションの達成を目指し、学生が主体となって取り組む「産学連携のアクティブ・ラーニング」です。企業が直面する正解のない課題をどう解決するか、グループで話し合い、仮説を立て、調査し、企画立案し、まとめ、発表します。その過程でチームワークやリーダーシップ、企画力やプレゼンテーション力など、実社会で必要となる能力が自然と身についていきます。最終プレゼンの結果に応じて、実際の企業を訪問しての発表も行う、実践的で刺激的な授業です。

吉田 健一郎 准教授
  • 吉田 健一郎 准教授

科目例2

企業の社会的責任を考える。

【ビジネスエシックスB】

たくさんの実例に触れて企業倫理の必要性を探ろう。

製品の表示偽装など不祥事が起こると、企業の“ガバナンス”や“コンプライアンス”の重要性がさけばれます。では、そもそも企業にはどんな社会的責任があり、法律ではどう定められているのでしょうか。またグローバル化が進むと、求められる企業倫理はどう変化するのでしょうか。
不祥事を起こした企業の再建や政府の審議会委員などを経験している先生が、豊富な実例を元に解説します。一方的な講義でなく、ドラマを鑑賞して学生と先生が意見を交わすなど、対話重視の授業です。

髙 巖 教授
  • 髙 巖 教授

科目例3

企業の信頼回復の過程を学ぶ。

【企業・社会実習】

不祥事から復活した企業努力をインターンシップで学ぼう。

十数年前に食品偽装事件を起こした企業の信頼回復に向けた取り組みを、インターンシップを活用して肌で感じ取りながら学びます。
まずは講義でコンプライアンスや企業倫理、企業の社会的責任に関する基礎知識を習得します。その上で、夏期休暇期間中に予定されているインターンシップ・プログラムで実際にその企業を訪問。工場や販売の現場において、コンプライアンス経営や食の安全への取り組みがどのような形で展開されているかを調べます。企業努力を体感できる授業です。

中野 千秋 教授
  • 中野 千秋 教授
夢ナビライブ講義ライブを動画で見てみよう!

在学生の声

「挑戦」できる授業が多く、プレゼン力が身につきました。
  • 山﨑 優

    山﨑 優
    経営学科 4年
    千葉県立千城台高等学校出身

  • 入学時には「英語力を高めたい」という思いが強く、1年次は英語系の授業ばかり受けていました。ところが2年次になって専門的な授業が始まると、一気に経営学に目覚めたのです。大きなきっかけは「経営学基礎演習」の授業でした。様々な企業の事例について調べ、学生が順番に発表していく形式なのですが、先生から「君の発表はこれが足りない。でも、ここは強みだね」といった指摘が次々と入るのです。大変だけど面白くて、「これが大学の学びか!」と実感しました。3年からのゼミナールもグループ発表が中心で、全国100以上の大学が参加する発表会にも参加しました。経営専攻は実践的な参加型の授業が多く、どの先生も挑戦の場を用意してくれるので、大きく成長できた実感があります。将来はマーケティング系の仕事ができれば最高です。

    私の履修科目 〔3年次/2学期〕

    履修科目

麗陵祭(大学祭)の実行委員会で、総務局長をやり遂げた達成感!

1年次から麗陵祭の実行委員会に参加。総務局で、出店の統括や会場整理などを行いました。3年では総務局長に。でもリーダーシップって、そう簡単には身につかないんですよね。約40名のスタッフの取りまとめや、バイトとの両立に苦労しましたが、時間管理術と最高の達成感を味わうことができました。

麗澤ジャーナル 経営専攻 リアルストーリーはこちら