留学生同士がコミュニケーション

大学や大学の周辺の地方自治体などでは、たくさんの国際交流行事が企画されています。
このような国際交流行事には、留学生の皆さんと交流したいと思っている地域の人々が参加します。
このような人々と友達になって、日本での体験をより深めてください。

  • RIFA(麗澤国際交流親睦会)

    留学生との交流を目的とした学生の同好会です。日本語の会話練習や、交流活動のイベント行事を行っています。

  • 留学生同好会

    留学生の組織です。留学生が有意義に麗澤大学で勉強できるようにいろいろな活動を企画・実施しています。

☆国際交流行事についての情報は、掲示又は本学ポータルサイト「Green Community ひいらぎ Cafe」 等でお知らせします。

面倒見がいい麗澤

学生生活で安心するコンテンツ
国際交流センター

国際交流センターでは日本語でのコミュニケーションが難しい学生でも英語、中国語、韓国語で相談することができます。また、日本での生活にいち早く慣れることができるよう新入留学生を歓迎する懇親会、日帰りバス旅行、餅つき大会などのイベントを開催したり、地域の生徒や子供との交流会を紹介したりするなど、様々なサポートをしています。

国際交流センター

学生相談センター

学生相談センターは、みなさんの大学生活への適応やこころの成長を応援する機関です。専門家によるカウンセリングだけでなく、憩いの場や交流の機会の提供、セミナーやワークショップなどの教育活動も行っています。心身の疾患や障がいを抱えた学生のサポートも行います。

学生相談センター

健康支援センター

健康支援センターは、心身共に健康な学生の育成と教職員の健康管理を目的としています。在学中の学生の教育を円滑に行うための健康管理的な側面だけでなく、生涯にわたっての健康で安全な生活を送るための基礎作りと実践を目指します。

健康支援センター

生活費・アルバイトについて

生活環境

安心して学生生活を送るための大切な生活環境。
一人暮らしも寮生活も、自立するための貴重な経験になります。

寮生活
教室まで徒歩3 分!
個室には、机とベット、そしてクローゼットを完備。
きちんと分かれた個室でプライバシーも守られます。
リビングルームは、ユニットごとの交流の場として最適です。

「学生の自治運営が原則」の学生寮です。
女子A 棟・B 棟、男子C 棟、D 棟(男女共用)の計4 棟。定員330 名です。
「知徳一体」を目標に人間性の向上をめざして、学生の自治運営を原則としています。

納入金額[1 年間]
学生寮A ~ C 棟:50.6 万円
学生寮D 棟:43.6 万円

注1)寮費の中には、食費、寝具リース代(年額24,000円)は含みません。
注2)留学生を対象とした寮費減免(50,000円)適用後の金額です。

入寮できるのは、大学院生、学部生、別科生、特別聴講生、研究生など。申込後、諸々の事情を考慮して入寮者が決められます。

寮生活イメージ
一人暮らし
便利と安心が揃った大学周辺地域での一人暮らし!

麗澤大学周辺アパート家賃相場[参考]
新築物件:5 ~ 5.5 万円
・ワンルームマンション ・6 畳 ・バス・トイレ・エアコンなど完備
築後7 ~ 20 年:3 ~ 5 万円
・6 畳  ・バス・トイレ・キッチンなど完備・エアコン無

お手軽な家賃で安全・安心の環境を手に入れることができます。

【アパート探しの強い味方「れいたくサービス」】
アパートなどの物件は、大学の関連会社「株式会社 れいたくサービス」でも紹介しています。アパートの紹介からアドバイスまで行っていますので気軽に訪ねてみてください。

一人暮らしイメージ
食事
学生食堂「ひいらぎ」では朝・昼・夕3 食をとれます。
医食同源、日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで健康な毎日をサポート。

朝食 8:00〜9:30
昼食 11:00〜13:30
夕食 17:30〜19:00

営業は授業期間中の月曜~金曜です。
食事の値段は、朝食は200 円、昼・夕食はメニューによって異なり210 円から500 円です。
・コンビニエンスコーナーは10:00 ~ 13:30 に営業しています。
・集中講義期間は営業していません。( 状況により、変更あり)

食事イメージ
※イメージ